欧州自動車メーカーが自動駐車を共同開発、BMWは iX で実演…IAAモビリティ2021

BMWグループ(BMW Group)はIAAモビリティ2021において、自動バレーパーキングのデモンストレーションを行った。

このデモンストレーションは、ドイツ自動車工業会(VDA)と、欧州の自動車メーカーやサプライヤーが共同開発した自動バレーパーキングプロジェクトの成果を披露するもの。デモンストレーションでは、自動運転車と自動運転車の駐車やサービス機能を、来場者に体験してもらう機会となった。

BMWグループのデモンストレーションには、新型EVのBMW『iX』が起用された。iXは電動SUVで、インフラストラクチャと通信し、ドライバーレスの自動駐車を可能にする。ユーザーは、スマートフォンのアプリを通じて、自動駐車プロセスを開始する。

BMW iXのキドニーグリルには、レーダーやセンサーなどが内蔵されており、先進運転支援システム(ADAS)のための多機能インターフェースの役割を担う。高い演算処理能力、高性能なセンサーシステム、人工知能(AI)、データ駆動型開発の助けを借りた継続的な最適化により、快適性と安全性に関して、将来さらに広範囲にドライバーを支援する新たな可能性を提供するという。

また追加機能は、リモート・ソフトウェア・アップグレードで後から車両にインストールできる。車両やソフトウェアを常に、最新の状態に保つことが可能だ。なお、BMW iXは自動運転機能の先駆者であり、新しいテクノロジーキットによる自動運転と自動パーキング機能を提供するBMWグループ初のモデル、としている。

《森脇稔》
【画像】欧州自動車メーカーが自動駐車を共同開発、BMWは iX で実演…IAAモビリティ2021(9枚)

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース