ピニンファリーナ、新型水素燃料電池トラックをデザインへ…航続1200km

ピニンファリーナがデザインするゴサンの新型水素燃料電池トラックのティザーイメージ
  • ピニンファリーナがデザインするゴサンの新型水素燃料電池トラックのティザーイメージ

ピニンファリーナ(Pininfarina)は6月28日、新型水素燃料電池トラックをデザインする契約を締結した、と発表した。

この新型水素燃料電池トラックは、フランスに本拠を置くゴサン(GAUSSIN)が開発を進めているもの。ゴサンは2020年、初の水素燃料電池車を物流・港湾車両として実用化した。この物流・港湾車両には、フォルシアの水素貯蔵システムを搭載。貯蔵システムは、35Mpaで5kgの水素を貯蔵でき、最大12時間の自動運転を可能にしている。

ピニンファリーナは、このゴサンとの間で、新型水素燃料電池トラックをデザインする契約を締結した。ゴサンの「モジュラースケートボード」と呼ばれるプラットフォームをベースに、ドライバーの快適性と安全性を重視してピニンファリーナが設計する新しいキャブを組み合わせる。

新型水素燃料電池トラックは、電気エネルギーと水素エネルギーを組み合わせて、最大1200kmの航続を可能にする予定。建設現場向けのダンプカーやセメントミキサー車、廃棄物運搬トラックなどでの使用を想定している。

なお、ピニンファリーナは、新型水素燃料電池トラックのティザーイメージを1点、公開した。キャブ部分は、静かでインテリジェントな方法で環境に溶け込むように設計する、としている。

《森脇稔》

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集