やはり主役はハイエース! “ハイエースベースバンコン”24台を一気見せ!…ジャパンキャンピングカーショー2021[フォトレポート]

バンコン(バンコンバージョン)と呼ばれるキャンピングカーはバンベースで手軽なことから幅広いユーザー層が利用しているカテゴリーだ。バン(トヨタ『ハイエース』や日産『NV350キャラバン』などが中心)をベースにして、荷室スペースを架装してベッドや家具類などを設置したモデル。

外装はほぼ純正なのでノーマルのバンと同じ感覚で運転できるのも魅力。ファーストカーとして普段使いしつつキャンピング利用までを一台でこなしているというユーザーもいる。バンコンはベースであるバンの内装サイズに依存したクルマ作りになるのが宿命。

ベースになるハイエースやキャラバンはワイド/標準ボディ、ロング/スーパーロングなど、さまざまなボディ形状があり、そのいずれをベースに使うかで仕様も異なってくる。広大なキャビンスペースが欲しいならばスーパーロングボディを使ったモデルが有利。ただし普段使いする上では大柄はボディが気になるケースも。バンコンの内装は前向き乗車/フラット化ができる後席シートとベッドマットを組み合わせたシートレイアウトが一般的。就寝時には多くのモデルはシートアレンジを変更するベッドメイクが必要になる。

《土田康弘》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース