ホンダ HR-V 新型、全車ハイブリッドに 2021年後半欧州発売

最新の2モーターハイブリッドパワートレイン

コンパクトなクーペにインスパイアされたデザイン

クラスをリードするインテリア空間

ホンダ(Honda)の欧州部門は2月18日、新型『HR-V』(日本名:『ヴェゼル』に相当)をデジタルワールドプレミアし、同車を2021年後半、欧州市場で発売すると発表した。

新型HR-Vは、全車ハイブリッドとなるのが特長だ。ホンダは2022年までに、欧州で販売されるすべての四輪車を、ハイブリッド車、プラグインハイブリッド車(PHV)、EV、燃料電池車などの電動車両に置き換える計画だ。新型HR-Vは、この電動化ビジョン実現するホンダの取り組みを実証するモデルになるという。

最新の2モーターハイブリッドパワートレイン

新型HR-Vは、「e:HEV」(イーエイチイーブイ)エンブレムが装着されるホンダのラインナップの最新モデル。すでにe:HEVエンブレムは、『CR-V』と新型『ジャズ』(日本名:『フィット』に相当)に装着されている。

新型HR-Vの欧州仕様車には、ホンダの最新の2モーターハイブリッドパワートレイン技術を搭載する。ホンダによると、革新的なハイブリッドシステムは、高効率と洗練されたドライビングパフォーマンスを兼ね備えているという。

e:HEVでは、リニアで心地よい加速感を追求した。「NORMAL」、「SPORT」、「ECON」と3種類の異なる走行モードを選択できる。また、Dレンジ、Bレンジ、減速セレクターによって、アクセルオフ時の異なる減速度合いを選択することも可能にしている。

コンパクトなクーペにインスパイアされたデザイン

新型は、コンパクトなクーペにインスパイアされたデザインを導入し、独特のSUVプレゼンスを追求した。新型には、ホンダのクリーンかつモダンな最新デザイン言語を反映させているという。

新型のフロントマスクには、ボディとの一体感を高めたボディ同色グリルが組み込まれた。ボンネットを長く取りながら、ボディ側面をシャープで垂直なデザインとすることにより、インテリア空間を拡大させているという。ボンネットのセンター部分は低くフラット。Aピラーの根元に流れ込むようなショルダーラインによって、安定感と安心感を演出し、SUVの美しさを実現した、と自負する。

リアは、使い勝手を高めたゲート開口部をはじめ、ハンドルをリアゲートの中に自然に組み込み、美しさと機能性の両立を目指したという。

クラスをリードするインテリア空間

新型は、ハイブリッドパワートレインのコンポーネントのパッケージングを効率化することにより、プレミアムSUVのスタイリングと、室内の広さを両立することを目指した。その結果、新型はクラスをリードするインテリア空間を維持し、大人4人が最大限の快適さで着座することができるという。

新型のインテリアは、広さとプレミアムSUVとしての質感を追求している。各部には、モダンなファブリックやソフトタッチ素材を使用した。HMI(ヒューマン・マシン・インターフェイス)の考え方に基づいて、視線移動の軽減や動線に沿った操作類をレイアウトしている。

ダッシュボードの上部のコーナー部分には、L字型の空調ベントをレイアウトした。これにより、空調システムが、乗員の横と上に新鮮な空気のカーテンを作り出すことを狙ったという。

新型には、コンパクト設計のパワートレインとセンタータンクレイアウトを採用した。これにより、荷室の積載量に応じて、シートを「フォールドフラット」または「フリップアップ」化できる「マジックシート」としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 【ホンダ ヴェゼル 新型】「モデルチェンジというよりリファクタリング」…開発責任者 岡部氏 画像 【ホンダ ヴェゼル 新型】「モデルチェンジというよりリファクタリング」…開発責任者 岡部氏
  • 意外と本格派?貴重な3列シートSUV、メルセデスベンツ GLB250 4MATIC[詳細画像] 画像 意外と本格派?貴重な3列シートSUV、メルセデスベンツ GLB250 4MATIC[詳細画像]
  • 日産 キャシュカイ 新型発表…欧州市場のリーダーになれるか? クロスオーバーSUV 画像 日産 キャシュカイ 新型発表…欧州市場のリーダーになれるか? クロスオーバーSUV
  • 【トヨタ ヤリスクロス 新型試乗】どこをどう切っても死角なし!…中村孝仁 画像 【トヨタ ヤリスクロス 新型試乗】どこをどう切っても死角なし!…中村孝仁

特集

おすすめのニュース