ホンダが展開する「ライフスタイル」重視のカスタム…東京オートサロン2021

ホンダは2021年1月15日に開幕した、新型コロナウイルスの感染拡大影響により中止となった日本最大級のカスタムカーの祭典「東京オートサロン」を3D空間で体感できるオンラインイベント、「バーチャルオートサロン」にブースを出展。

究極のカスタムカーともいえるレーシングマシンに加え、2台のカスタムコンセプトを展示した。

ブース中央に並べられたのは、インディカーシリーズ、SUPER GT、F1に参戦したマシンたち。それぞれのマシンが、各カテゴリ専用サイトにリンクされていて、2020年シーズンの振り返りを楽しむことができるだけでなく、今季の最新情報も続々更新されているので、必見の内容だ。

さらに、『フィット』と『N-VAN』をベースとしたカスタマイズコンセプトも展示。同モデルは、バーチャルオートサロンに合わせて公開された特設サイトにリンクされていて、車両の詳細が確認できるほか、ムービーで360度全方向からの外観を見ることも可能となっている。

フィットベースのカスタムコンセプトは「FIT e:HEV CROSSTAR Custom」。「FEEL=FIT」をキーワードにSUVイメージをさらに際立たせながら、アーバンなアウトドアスタイルが表現された1台に仕上げられている。さらには、ホンダが誇る2輪ラインナップのなかでも高い人気を誇る「CT125 ハンターカブ」とコラボレーションするなど、ライフスタイルの広がりを感じられるモデルだ。

そして「3rd Place VAN」と名付けられたN-VANベースのカスタムコンセプトのキーワードは「N-VAN = TOOL」。平日はカフェに、休日は旅先での車中泊など、仕事と趣味をシームレスに繋げるトレーラー風カフェとして、N-VANの新たな使い方が提案されている。

両モデル共に、現時点で発売予定は無いとされているが、今後のホンダ四輪の方向性をダイレクトに感じられる、期待感あふれるコンセプト。是非、一度ご覧いただきたい。

《先川知香》
【画像】ホンダが展開する「ライフスタイル」重視のカスタム…東京オートサロン2021(22枚)

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース