【トヨタ MIRAI 新型】レアメタル不使用のステンレス鋼を採用 愛知製鋼

水素充填口に新開発ステンレス鋼が採用
  • 水素充填口に新開発ステンレス鋼が採用
  • 省資源高強度高圧水素用ステンレス鋼「AUS305-H2」
  • 省資源高強度高圧水素用ステンレス鋼「AUS305-H2」
  • トヨタ MIRAI 新型
  • トヨタ MIRAI 新型

愛知製鋼は12月10日、トヨタ自動車が発表した燃料電池自動車新型『MIRAI』の水素充填口などの高圧水素系部品に、新開発の省資源高強度高圧水素用ステンレス鋼「AUS305-H2」が採用されたと発表した。

AUS305-H2は、レアメタルの一種で高価なモリブデンを使用していない、省資源高強度高圧水素用ステンレス鋼。モリブデン不使用でも、独自の成分設計技術によって、初代MIRAIに採用されたステンレス鋼と同等の強度と耐水素脆化特性を実現したとしている。また、快削元素の添加によって切削加工性の向上も実現したという。

同社では今後、水素社会の早期実現と自動車の電動化を支える素材開発を強化していくとともに、環境負荷の少ない製品提供を通じて、持続可能な社会の実現に貢献していくとしている。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース