フィット に乗るたび新たな「心地よさ」を発見…岡本幸一郎【日本カーオブザイヤー2020-2021】

「第41回 2020-2021 日本カー・オブ・ザ・イヤー」が12月7日、発表された。モータージャーナリストをはじめとする60名の選考委員による投票によって、今年の1台はスバル『レヴォーグ』に決定した。次点はホンダ『フィット』だった。

審査委員の岡本幸一郎氏は、フィットに10点満点を投じた。以下は日本カー・オブ・ザ・イヤー公式HPに掲載されたコメントである。

☆☆☆

これまでも、その年を最も象徴する何かを持ったクルマを念頭に採点してきました。そして今年は、「心地よさ」や「気持ちよさ」という言葉が印象に残っています。

そんな中で、発売されてから何度も乗る機会があるたびに新たな「心地よさ」を本当に発見させてくれたことに感心しています。さらには時代が求める環境性能や安全性能を、より高い次元で身につけたクルマでもあります。そんなフィットに10点を投じたく思います。

そして次点は、完成度も高く、これまた乗って「気持ちよさ」を大いに感じたレヴォーグとしたいと思います。まだ世に出て間もないタイミングでの投票となりましたが、もし発売時期がもう少し早くてもっと乗る機会が多くあったら、結果は違っていたかもしれません。

☆☆☆

岡本氏の全投票点数(掲載はノミネート番号順)
スバル・レヴォーグ:6点
トヨタ・ヤリス/ヤリスクロス/GRヤリス:4点
ホンダ:フィット:10点
BMWアルピナB3:3点
ランドローバー・ディフェンダー:2点

各賞
●日本カー・オブ・ザ・イヤー:スバル・レヴォーグ
●インポート・カー・オブ・ザ・イヤー:プジョー208/e-208
●デザイン・カー・オブ・ザ・イヤー:マツダMX-30
●テクノロジー・カー・オブ・ザ・イヤー:アウディ e-tronスポーツバック
●パフォーマンス・カー・オブ・ザ・イヤー:BMWアルピナB3
●K CAR オブ・ザ・イヤー(軽自動車):日産ルークス、三菱eKクロススペース、eKスペース

《出典:日本カー・オブ・ザ・イヤーHP》

編集部おすすめのニュース

  • 【トヨタ ヤリスクロス 新型試乗】ヤリスとの違いは見た目だけじゃない!SUVとしての完成度に驚く…岡本幸一郎 画像 【トヨタ ヤリスクロス 新型試乗】ヤリスとの違いは見た目だけじゃない!SUVとしての完成度に驚く…岡本幸一郎
  • 【BMW 2シリーズ グランクーペ 新型試乗】要注目のニューカマーだ…岡本幸一郎 画像 【BMW 2シリーズ グランクーペ 新型試乗】要注目のニューカマーだ…岡本幸一郎
  • 【日本カーオブザイヤー2020-2021】今年の一台は『スバル レヴォーグ』に栄冠、インプレッサ以来4年ぶり 画像 【日本カーオブザイヤー2020-2021】今年の一台は『スバル レヴォーグ』に栄冠、インプレッサ以来4年ぶり
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース