Ninja650/XL883N用ハイパープロ サスペンションなど発売 アクティブ

ハイパープロ サスペンション Ninja650 17-20 エマルジョン HPA
  • ハイパープロ サスペンション Ninja650 17-20 エマルジョン HPA
  • ハイパープロ サスペンション Ninja650 17-20 ホース付きタンク HPA
  • ハイパープロ XL883N 14-15 ストリートボックス
  • ハイパープロ XL883N 14-15 フロントスプリング
  • ハイパープロ XL883N 14-15 リアスプリング
  • ハイパープロ XL883N 14-15 コンビキット
  • ゲイルスピード フロントキャリパー用オフセットカラー
  • ゲイルスピード フロントキャリパー用オフセットカラー

アクティブは、「ハイパープロ」および自社ブランド「アクティブ」「ゲイルスピード」の各種新商品を発売した。

ハイパープロ Ninja650 17-20、XL883N14-15用サスペンション

ハイパープロの代名詞となった「コンスタントライジングレートスプリング」。不等ピッチのスプリングは、様々な路面状況に対して常にバネレートが変化し「硬すぎず、柔らかすぎない」状態を維持する。ストローク初期は柔らかく動いて路面の小さなギャップを吸収し、高負荷がかかるコーナリングや急ブレーキ時は奥で踏ん張り底付きを防止。なめらかな乗り心地を実現する。

この特徴あるスプリングの性能を120%引き出すために開発されたのが「Japan Spec」サスペンション。オランダ本国の設定を日本人に合わせた乗り心地にするため、アクティブ専任スタッフが一車種ずつ丁寧にセッティング。長時間走行の疲労を取り除き、またセッティング次第でサーキット走行にも対応する広い調整幅を発揮する。

Ninja650 17-20用リアショックの本体価格は、エマルジョンタイプが9万1000円、同HPA付が11万8000円、ホース付きタンクが12万8000円、同HPA付が15万5000円。予約受付中。

XL883N14-15用ストリートボックス(リアショック+フロントスプリング)は14万円、フロントスプリングが2万3000円、リアスプリングが2万円、コンビキット(フロント/リアスプリング)が4万円。予約受付中。

ゲイルスピード フロントキャリパー用オフセットカラー

純正フォーク+純正ディスク径の組み合わせでゲイルスピード4Pキャリパーを装着する際に使用するカラーとボルトのセット。

オフセットカラーは3.5mm(CBR1000RR 08-16用)、13.5mm(GSX1300R 08-12用)、12.5mm(KATANA 19-20/GSX-R1000 17-20/GSX-S1000F 15-20/Z900RS 19-20用)の3種類を用意。カラーはブラックとシルバーの2色を設定。クロモリキャップボルトとカラー各4個のセットで本体価格はいずれも9500円。

アクティブ フェンダーレスキット

車体に加工が必要なく、ノーマルウィンカーの取り付けはもちろん、装着位置やステーの形状にまでこだわった、スタイリッシュかつ車検に対応するフェンダーレスキット。

各種2020年モデルへの対応を確認した。LEDナンバー灯付きで、本体価格はMT-09 17-20/MT-09SP 18用が2万2000円、MT-09 TRACER(ABS)15-17/TRACER900 18-20/GT 19-20用が1万6000円、YZF-R25/YZF-R3 15-20/MT-25/MT-03 15-19用が1万5000円、GSX-S1000/GSX-S1000F 15-20用が1万3000円、Ninja250 18-20/Ninja400 18-19/Z250/Z400 19用が1万7000円。リフレクター別途要。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • BMWモトラッド、二輪車向けアクティブクルーズコントロール発表 画像 BMWモトラッド、二輪車向けアクティブクルーズコントロール発表
  • 新型 KATANA を自分好みにカスタム、アクティブが各種パーツラインアップ 画像 新型 KATANA を自分好みにカスタム、アクティブが各種パーツラインアップ
  • カワサキ Z650/Ninja 650、2020年モデル発売へ 環境性能を高めた新エンジン搭載など 画像 カワサキ Z650/Ninja 650、2020年モデル発売へ 環境性能を高めた新エンジン搭載など
  • アイディア、最新電動バイクなど原付二種メインのバイクレンタルを開始 画像 アイディア、最新電動バイクなど原付二種メインのバイクレンタルを開始

特集

おすすめのニュース