マセラティ ギブリ にブランド初のハイブリッド…ティザーイメージ

マセラティは6月3日、『ギブリ』(Maserati Ghibli)に追加される予定のハイブリッドのティザーイメージを公開した。

ギブリは、マセラティの中型スポーツセダンだ。現行型のトップグレードが、「S Q4」。3.0リットルV型6気筒ガソリンツインターボエンジンは、最大出力430ps、最大トルク59.1kgmを引き出し、0~100km/h加速4.7秒、最高速286km/hの性能を発揮する。

このギブリに、マセラティ初のハイブリッド車が設定される予定だ。マセラティは今後、すべての新モデルに電動化技術を採用すると発表しており、ギブリのハイブリッドが、マセラティブランド最初の電動モデルになる。

なお、ギブリのハイブリッドの生産は、マセラティが属するFCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)のイタリア・トリノのミラフィオーリ工場で行われる。

マセラティは、この『ギブリ ハイブリッド』のティザーイメージを公開した。「SparkTheNext」と題したティザーイメージでは、マセラティのイタリア・モデナ本社を舞台に、マセラティのエンジニアやデザイナーにとってのイノベーションが、まず閃光として始まり、捉え、ひとつの焔となり、燃え盛っていく様子を表現した。

マセラティは、史上初のハイブリッドが、イノベーションとテクノロジーを高度な自動車工学と融合させ、マセラティをより持続可能な未来に向けて大胆に前進させていく、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース