ランボルギーニ ウラカンEVO は「乗りやすさ」のために進化した[詳細画像]

ランボルギーニ ウラカンEVO
  • ランボルギーニ ウラカンEVO
  • ランボルギーニ ウラカンEVO
  • ランボルギーニ ウラカンEVO
  • ランボルギーニ ウラカンEVO
  • ランボルギーニ ウラカンEVO
  • ランボルギーニ ウラカンEVO
  • ランボルギーニ ウラカンEVO
  • ランボルギーニ ウラカンEVO

ランボルギーニ『ウラカン』の進化モデルがこの『ウラカンEVO』だ。価格は2984万3274円(税抜き)で、昨年春から順次デリバリーが開始されている。


アウトモビリ・ランボルギーニでウラカンEVOの開発責任者であるヴィットリオ・ミラーノ氏によると、「そもそもEVOとはエボリューションの略。ウラカンをさらに進化させたいという思いから名付けた。ユーザー調査によると、ウラカンのデザインは非常に好まれていたので、外観は極力変えずにパフォーマンスだけを上げるよう、開発の狙いを定めた」という。

一方、『ウラカンペルフォルマンテ』との違いについてミラーノ氏は、「エンジンは同じだが、ペルフォルマンテはサーキットなどのスポーツ走行を好む、より限定的なユーザー向けに開発されたクルマだ。一方EVOは様々な使用シーンを想定しているので、サーキットだけでなく、より日常的に使うことが可能だ。従って、幅広いターゲットユーザーを想定している」と述べた。


ウラカンEVOの特徴は大きく4つある。まずは、空力性能・デザインだ。「ウラカンの評価が高かったデザインは踏襲しながら、空力を高めることにフォーカスし、細部にわたり、空気の流れを調整することで空力性能を向上させた」という。特にフロント周りでは、「フロントスプリッターを採用することで空力を高め、同時に冷却も改良。またテール部分では、2つの効果を狙ったスポイラーを採用することで、グランドフォースとエアロダイナミクスを改良した」とミラーノ氏。

また、アンダーボディも最適化。これによってダウンフォースの効果を大幅に向上させ、高速走行時のバランスも改良した。これらの結果、「ダウンフォースは7倍改善し、冷却性能も大幅にアップ。空力バランスも改善した」とコメントした。


搭載されるエンジンは、前述の通りウラカンペルフォルマンテと同じエンジンだ。「ランボルギーニがこれまで開発した最高のもの。エモーションなエンジンを搭載すべく採用した」と話す。また、V型10気筒自然吸気であることから、「迫力あるサウンドを生み出すことが可能だ」。

チタン製のインテークバルブやスーパーエキゾーストシステムを採用することにより、ペルフォルマンテと同じ最高出力640ps、最大トルク600Nmながら、「よりフラットな出力・トルク特性となっている」とより汎用性を持たせた特性を備えていることを語った。

《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース