【BMW 5シリーズ】期待膨らむ改良新型の登場 まとめ…価格やデザイン、試乗記

BMW 5シリーズ セダン 新型
  • BMW 5シリーズ セダン 新型
  • BMW 5シリーズ セダン 新型
  • BMW 5シリーズ セダン 新型
  • BMW 5シリーズ セダン 新型
  • BMW5シリーズツーリング
  • BMW5シリーズツーリング
  • BMW5シリーズツーリング
  • BMW5シリーズツーリング

BMWの7代目となる『5シリーズ』。フルモデルチェンジされた新型の特徴として挙げられたのは、デザイン、ドライビングダイナミクス、安全性と運転支援機能。セダンとツーリング、高性能モデルをラインナップ。プロトタイプがスクープされるなど、改良新型の登場も期待されている。

目次

  1. 7年ぶりのフルモデルチェンジ…部分自動運転を実現
  2. BMWの伝統+5シリーズのプロポーション…エクステリア
  3. 走行性能と燃費をセグメントトップレベルに…軽量化と空力
  4. 【試乗】Eセグメントのベンチマークが変わる予感…諸星陽一
  5. ツーリング 新型発売、部分自動運転実現…650万~1069万円
  6. 【530e 試乗】PHEVも結局、使う人によってはハイブリッドと同じ…中村孝仁
  7. 【ツーリング 試乗】まさに極上のファミリーカー、である…島崎七生人
  8. 【1500km試乗】高速サルーンの標準形、シャシー性能は“ものすごい”[前編]
  9. 改良新型のグリルは“標準サイズ”で確定、最終デザイン見えた

7年ぶりのフルモデルチェンジ…部分自動運転を実現

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、7世代目モデルとなる新型『5シリーズ』セダンを2月11日より発売すると発表した。

約7年ぶりのフルモデルチェンジとなる新型5シリーズは、クリーンディーゼル搭載の「523d」やプラグインハイブリッド「530e」、4WDモデル「540i xDrive」を含む全14モデルをラインアップする。全モデル、新世代モジュラーエンジンコンセプトに基づく最新型パワートレインを搭載。「523i」に搭載する2リットル直列4気筒エンジンは、最大出力184ps、最大トルク270Nmを発生。523dに搭載する2リットル直列4気筒ディーゼルエンジンは、最大出力190ps、最大トルク400Nmを発生する。

[続きを読む]

7年ぶりのフルモデルチェンジ…部分自動運転を実現 画像

BMW 新型5シリーズBMW 新型5シリーズ

BMWの伝統+5シリーズのプロポーション…エクステリア

新型BMW『5シリーズ』には、デザイン、ドライビングダイナミクス、安全性と運転支援機能という大きく3つのハイライトがあるという。

そのうちデザインについて、ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)BMWブランド・マネジメントプロダクト・マーケティングの大野憲氏は、「これまで以上に追及したスポーティさ、エレガンス、スタイリッシュさを見てほしい」と話す。

[続きを読む]

BMWの伝統+5シリーズのプロポーション…エクステリア 画像

  • BMW5シリーズ
  • BMW5シリーズ
  • BMW5シリーズ
  • BMW5シリーズ
  • BMW5シリーズ
  • BMW5シリーズ

走行性能と燃費をセグメントトップレベルに…軽量化と空力

新型BMW『5シリーズ』は走行性能と燃費のどちらも改善し、トップレベルのパフォーマンスを実現しているという。

これを実現可能にしたのは、「軽量化とエアロダイナミクスだ」とは、ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)BMWブランド・マネジメントプロダクト・マーケティングの大野憲氏の弁。

[続きを読む]

走行性能と燃費をセグメントトップレベルに…軽量化と空力 画像

  • BMW5シリーズ新型
  • BMW5シリーズ新型
  • BMW5シリーズ新型
  • BMW5シリーズ新型
  • BMW5シリーズ新型
  • BMW5シリーズ新型

【試乗】Eセグメントのベンチマークが変わる予感…諸星陽一

7代目となった新型BMW『5シリーズ』は、目を見張る進化を遂げたモデルであった。

新型5シリーズはBMWらしくスタイリングの変化は大きくない。グリルはおなじみのキドニーグリルであり、その両端に横長のヘッドライトが取り付けられる。BMWらしい顔つきはすでに完成型となっているのかもしれない。

[続きを読む]

【試乗】Eセグメントのベンチマークが変わる予感…諸星陽一 画像

BMW 540i MスポーツBMW 540i Mスポーツ

ツーリング 新型発売、部分自動運転実現…650万~1069万円

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、新型『5シリーズ ツーリング』を6月22日より発売する。価格は650万円から1069万円。納車は523dツーリング、530iツーリング、BMW 540i xDriveツーリングが7月より、523iツーリングは9月からを予定している。

エクステリアは、伸びやかなエンジンフード、ショートオーバーハング、ロングホイールベースなど、スポーティかつスタイリッシュなデザインを実現。インテリアは、コクピットの配置を運転席側に傾けた非対称フォルムのセンターコンソールを採用するなど、優れた機能性とモダンなスタイルを表現している。

[続きを読む]

ツーリング 新型発売、部分自動運転実現…650万~1069万円 画像

  • BMW5シリーズツーリング
  • BMW5シリーズツーリング
  • BMW5シリーズツーリング
  • BMW5シリーズツーリング
  • BMW5シリーズツーリング
  • BMW5シリーズツーリング

【530e 試乗】PHEVも結局、使う人によってはハイブリッドと同じ…中村孝仁

多くの試乗記は、試乗会で短時間試してみるか、あるいは雑誌媒体などでは通常、箱根あたりまで往復してそのクルマを評価する。

しかし、PHEVに関していえば本当なら1週間ぐらい借りて乗ってみないとその本質はわからないと思う。何故ならば、電気が無くなった後のクルマの動きが重要になってくるからだ。クルマの動きというのは、運動性能という意味ではなくて、要するにバッテリーが無くなった時はエンジンとモーターがどのように動くかという意味である。

[続きを読む]

【530e 試乗】PHEVも結局、使う人によってはハイブリッドと同じ…中村孝仁 画像

BMW 530eBMW 530e

【ツーリング 試乗】まさに極上のファミリーカー、である…島崎七生人

同じ「540i」でもE34(3代目)の頃は4リットルのV8を搭載していた。けれど今や3リットルのV6がフードの下に収まる。とはいえスペックは“当時”を凌ぎ、同時に燃費効率も高めているのが現代のクルマ、らしい。

最高出力340ps、最大トルク450Nm。最大トルクは1380~5200rpmと、ほぼ実用領域全般で発揮する。なので走りっぷりは、この上なく余裕しゃくしゃくといったところか。アクセルペダルの上に乗せた右足の裏がくすぐったい…と言って通じるかどうか、街中では走り出しは悠然としたもので、踏み込むというより力を添えていく感覚。もちろん速度をあげたければ踏み込めばいいが、そうするとBMWの直6らしい、回転が高まる際のシャーン!と爽快なフィールも体感できる。

[続きを読む]

【ツーリング 試乗】まさに極上のファミリーカー、である…島崎七生人 画像

BMW 540i xDrive Touring M SportBMW 540i xDrive Touring M Sport

【1500km試乗】高速サルーンの標準形、シャシー性能は“ものすごい”[前編]

BMWのプレミアムEセグメントセダン『5シリーズ』で東京~関西を1500kmあまり走る機会があったので、インプレッションをお届けする。

5シリーズは1972年に初代が登場した全長4.9m超のラージクラス。2016年に欧州デビューを果たした現行モデルはそれから数えて第7世代にあたる。モデルチェンジのスパンは平均で約7年。現在もそのインターバルがほぼ守られている。欧州ではメルセデスベンツ『Eクラス』、アウディ『A6』と、北米ではレクサス『ES』、およびEクラスと販売でデッドヒートを繰り広げている。

[続きを読む]

【1500km試乗】高速サルーンの標準形、シャシー性能は“ものすごい”[前編] 画像

  • BMW 523d M Sport。大阪・関西国際空港にて。
  • BMW 523d M Sportは全幅が1870mmあるが、暗峠のもっとも狭い場所でもミラーを畳めば通過可能だった。暗峠最高地点付近の集落にて。
  • BMW 523d M Sportのフロントビュー。
  • BMW 523d M Sportのリアビュー。
  • タイヤはミシュランのランフラットタイヤ「プライマシー3 ZP」。フロント245、リア275という極太サイズで、5シリーズの車体を速く走らせるには十分な能力を持つ。が、こんなサイズを履くならいっそ「パイロットスポーツ」あたりを装着してほしいところ。
  • 前席風景。シートは調節機能なうえ、マッサージ機能のパターンも豊富。

改良新型のグリルは“標準サイズ”で確定、最終デザイン見えた

BMWは『5シリーズ』の改良新型を開発中だが、そのハイパフォーマンスモデルとなる『M5セダン』の最新プロトタイプをカメラが捉えた。

これまでで最もカモフラージュが薄い状態で捉えたプロトタイプは、アウトラインに角のあるアクセントを持たせた新形状のグリルが見てとれる。しかし『4シリーズ』新型に採用されるであろう特大グリルではない、標準サイズであることも確定した。

[続きを読む]

改良新型のグリルは“標準サイズ”で確定、最終デザイン見えた 画像

  • BMW M5 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW M5 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW M5 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW M5 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW M5 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW M5 改良新型プロトタイプ スクープ写真
《滑川寛》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース