ルパンのフィアット 500 を再現するための「こだわり」…東京オートサロン2020

ルパン三世のフィアット500が東京オートサロンに登場!!
  • ルパン三世のフィアット500が東京オートサロンに登場!!
  • エンドレスは毎年東京オートサロンで旧車をレストアして仕上げ出展している。
  • 単なるフィアット500のレストアではなく「ルパンのクルマ」忠実に再現しようというのは社長以下社員の皆さん挙げてのこだわりだったという。
  • 外装黄色、内装赤。しかしルパンのクルマはよく見るとそれだけでは表現できないという。
  • マフラーは実車のフィアット500とは異なり、左側排気。フジツボ謹製の特注マフラーになっている。
  • 手元のレバーを引くとがばっとリアのエンジンフードが開き。内装色外装色、窓の縁もルパンのクルマと同じ色だ。
  • 無造作に押し込められた吸い殻の山。全体的に芸が細かい。見ているだけで楽しくなる。
  • 色合いがイラストベースなので、とても若々しい印象にまとめられている。

「ルパンのフィアット『500』にどこまで迫れるか、相当にこだわってます!」と出展者が宣う一台が、東京オートサロン2020に出展された。例年東京オートサロンで懐かしい車の数々をレストアして出展しているエンドレスだ。

アニメ「ルパン三世」の劇場版映画作品『カリオストロの城』に登場するフィアット500。これをモティーフに仕立てたクルマは散見される。しかしエンドレスでは、最初からルパンのフィアットを作ろうと思っていたわけではなかったそうだ。

「今年フィアット500をレストアすることは決まっていて、当初は普通にきれいに仕上げるつもりでいたのですが、社内でカリオストロの城に出てきたクルマを再現してはという話がいちど出てからは、社長も含めてかなりヒートアップしました」とエンドレスアドバンスの村田さん。

このクルマは2台のフィアット500をベースとしており、それぞれの使える部分を集めて作業は始まった。「届いたときには転がすのもままならないような状態でした」と村田さん。車内を見ると、灰皿には無造作に押し込まれた吸い殻の山。内装の内張は濃い茶色、赤いシート、黒いハンドル。

もともと13馬力というスペックのフィアット500。劇中車はスーパーチャージャー装備で、レバーを引くとものすごいパワーが出る、ということになっている。展示車のエンジンは『650』のものになっていて、強化されている。「また、フィアット500の排気口は通常右後ろなのですが、作中では左側になっていますので、フジツボに左出しマフラーを特注して装着しています」。

「全体の風合いなんですが。ルパン三世は絵の中の世界。実はボディ後端付近の形状がフィアット500のボディそのままではやや硬い印象になるのです。絵の柔らかいタッチを表現するためにホイールアーチの端を削って丸みを持たせるように仕上げています」

レストアしたフィアット500というよりも、「ルパン三世が東京オートサロン2020の会場に乗り付けて置いて立ち去った」かのようなクルマだ。

《中込健太郎》

編集部おすすめのニュース

  • レイズ、新色のボルクレーシングG025の新色をスープラに!  静粛性を追求したVMFは打音で比較もOK…東京オートサロン2020 画像 レイズ、新色のボルクレーシングG025の新色をスープラに! 静粛性を追求したVMFは打音で比較もOK…東京オートサロン2020
  • マツダ CX-30 を美しくかつスポーティにカスタム…オートエクゼが東京オートサロン2020にキットを出展 画像 マツダ CX-30 を美しくかつスポーティにカスタム…オートエクゼが東京オートサロン2020にキットを出展
  • ハーマンがEVでの会話を支援、声を感知してオーディオ音量を自動調整…CES 2020 画像 ハーマンがEVでの会話を支援、声を感知してオーディオ音量を自動調整…CES 2020
  • ダンロップの体験型展示でタイヤに新たな興味、性能差を体感…東京オートサロン2020 画像 ダンロップの体験型展示でタイヤに新たな興味、性能差を体感…東京オートサロン2020

特集

おすすめのニュース