横乗り系の若者向け、スズキ ハスラー ストリートベース…東京オートサロン2020

スズキ・ハスラー・ストリートベース(東京オートサロン2020)
  • スズキ・ハスラー・ストリートベース(東京オートサロン2020)
  • マット塗装が目をひく。車高は少しだけアップしている。(東京オートサロン2020)
  • 広いラゲッジスペースは、遊んだ後に休息する場所としても使ってほしいとのこと。(東京オートサロン2020)
  • 天上部分はキラキラとイルミネーションのように輝くといった演出も。(東京オートサロン2020)
  • テールゲートにはカロッツェリア製の大きなスピーカーが埋め込まれていた。(東京オートサロン2020)
  • 一般モデルも展示。こちらは1月20日から販売開始予定だ。(東京オートサロン2020)
  • ブース内には『スイフトスポーツ カタナエディション』や、『ジムニー シエラ マリンスタイル』といったコンセプトカーも展示されている。(東京オートサロン2020)

東京オートサロン2020、スズキブースには1月20日に発売予定の『ハスラー』新型をベースにしたコンセプトモデル、『ハスラー・ストリートベース』が展示されていた。このモデルは、ストリートスポーツを楽しむ若者をターゲットとしたモデルということで、“横乗り系”の若者に向けたカスタムとなっている。

本モデルについて四輪商品第一部の渡邉司氏は「このハスラー・ストリートベースは、スケートボードやBMX、ダンスなどを楽しむ若者に向けたコンセプトモデルとなっている」と語る。

「リアのラゲッジスペースに、スケボーをマウントできるようにカスタムされていたり、ストリートカルチャーに音楽は外せないだろうということで、テールゲートにスピーカーを埋め込んだりと、ストリートを最大限楽しんでもらえるように必要なカスタムをしている」

「ボディーカラーについても通常のデニムブルーではなくマット塗装になっており、その代わりにフェンダーグリル部分や、ルーフフィルムはグロス感のある塗装にして、マットをグロス感でサンドするようなイメージに仕立ててある。内装の天井部分にはLEDライトが星空のように埋め込まれ、車内にも遊び心感覚を体験できる仕様になっている」

今後このようなコンセプトモデルの販売予定について伺ったところ、「まずは1月20日に通常モデルの新型ハスラーを、お客様にとどこおりなくデリバリーすることを最優先としている。そのあと、お客様やディーラーでの意見を反映させながら、検討していきたいと考えている」とのこと。

《関口敬文》

編集部おすすめのニュース

  • スズキ ハスラー ストリートベース は遊びの基地! 内装はライブ会場に…東京オートサロン2020[詳細画像] 画像 スズキ ハスラー ストリートベース は遊びの基地! 内装はライブ会場に…東京オートサロン2020[詳細画像]
  • 競合はハスラー! ダイハツ TAFTコンセプト は20年央に発売…東京オートサロン2020[詳細画像] 画像 競合はハスラー! ダイハツ TAFTコンセプト は20年央に発売…東京オートサロン2020[詳細画像]
  • 【スズキ ハスラー 新型】スタイリングと利便性を両立させたインテリア[詳細画像] 画像 【スズキ ハスラー 新型】スタイリングと利便性を両立させたインテリア[詳細画像]
  • セグウェイ がシート付きに、映画『ジュラシック・ワールド』の乗り物に着想…CES 2020 画像 セグウェイ がシート付きに、映画『ジュラシック・ワールド』の乗り物に着想…CES 2020

特集

おすすめのニュース