シボレー コルベット 新型を東京オートサロン2020でアジア初公開…納車は2021年春

GMジャパンブース(東京オートサロン2020)
  • GMジャパンブース(東京オートサロン2020)
  • シボレー・コルベット 新型(東京オートサロン2020)
  • シボレー・コルベット 新型(東京オートサロン2020)
  • シボレー・コルベット 新型(東京オートサロン2020)
  • シボレー・コルベット 新型(東京オートサロン2020)
  • GMジャパンブース(東京オートサロン2020)
  • GMジャパン 若松格 社長(東京オートサロン2020)
  • シボレー・カマロ2020モデル(東京オートサロン2020)

ゼネラルモーターズ・ジャパン(GMジャパン)は1月10日に幕張メッセで開幕した東京オートサロン2020で全面改良したシボレー『コルベット』を日本初披露した。納車開始は2021年春頃を予定しているという。

GMジャパンの若松格社長は同日、東京オートサロンのブースで開いた報道向け説明会で「昨年7月18日にアメリカで初公開された8世代めのコルベット。日本ではもちろん初公開、そしてアジアでも初公開になる。アメリカでは2月から販売店にデリバリーされるので、まだアメリカでも販売店に行っても見られない」と明かした。

新型コルベットについて若松格社長は「8世代めのコルベットは、初めてミッドシップエンジンレイアウトとなった。デザインはアメリカの最新のジェット戦闘機F35や、F1のレーシングカーにインスパイアされた、大胆かつ未来的なフォルムを特徴としている。プロポーションはミッドシップレイアウトによってこれまでのコルベットとは変わったが、ひとつひとつのデザインキーをみれば、それがコルベットであることがすぐにわかると思う」と解説した。

さらに「日本仕様の新型コルベットは2LTと3LTを用意。いずれも6.2リットルV8エンジンを搭載。パフォーマンスエキゾーストやリアスポイラーなど、さらにパフォーマンスを追求したパッケージを標準装備し、これにより標準仕様のコルベットとしては歴代最速、時速0-60マイルまでには3秒もいらない速さを発生する。デリバリーは2021年の春を予定している」とも付け加えた。

GMジャパンが東京オートサロンに参加するのは今回が初めてで、新型コルベットとともにシボレー『カマロ』の2020年モデルも公開した。若松格社長はカマロの2020年モデルについて「フロントデザインを刷新するとともに、今年からはクラウドスイミングナビを標準装備、トンネルなどGPSが測位できない場所でも自律航法を行うことができるようになった。さらにタイヤの最適な空気圧を知らせる新機能も標準装備した。納車は2020年の夏くらいになる」と述べた。

《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース