速報!!【WRC 第13戦】トヨタのオット・タナク、自身初のドライバーズチャンピオンに輝く…日本車勢16年ぶり

現地27日に終了した世界ラリー選手権(WRC)第13戦スペインで、「トヨタ・ヤリスWRC」で戦うオット・タナクが2019年のドライバーズチャンピオン獲得を決めた。トヨタにとっては25年ぶり、日本車勢としては16年ぶりの王者輩出。

最終戦のひとつ前となるスペイン戦をポイントリーダーとして迎えたタナクはこのラリーを総合2位、最終パワーステージ(ここのトップ5にドライバーズポイントのボーナス付与)を1位で終えて、自身初戴冠を果たすこととなった。トヨタ勢のWRCドライバーズチャンピオンは1994年のディディエ・オリオール以来。

トヨタは2017年に、1999年以来となるワークス参戦を再開。2年目の昨季は1999年以来のマニュファクチャラーズタイトルを獲得したが、ドライバーズチャンピオン輩出は復帰後初で25年ぶり。また、日本メーカー車に乗った選手の戴冠は2003年にスバルで王者になったペター・ソルベルグ以来16年ぶり。

第13戦スペインの優勝はヒュンダイのティエリー・ヌービル。なお、今季のマニュファクチャラーズタイトル争いは最終第14戦オーストラリアへと持ち越され、ヒュンダイが首位、連覇を狙うトヨタが2位で追う形勢となっている。

*上記はラリー終了時点の暫定順位等に基づくもの。ラリー詳報は追って掲載。

《遠藤俊幸》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース