プジョーがブランド体感イベント、208 新型など日本初公開 10月19日より

PEUGEOT SHOW 2019 -UNBORING THE FUTURE-
  • PEUGEOT SHOW 2019 -UNBORING THE FUTURE-
  • プジョー 208新型
  • プジョー e-208
  • プジョー リフター
  • プジョー 3008 GT Line
  • プジョー 208新型
  • プジョー e-208
  • プジョー リフター

プジョー・シトロエン・ジャポンは、プジョーブランド体感イベント「プジョーショー2019 -アンボーリング・ザ・フューチャー」を10月19日から26日の8日間、六本木ヒルズの大屋根プラザおよびヒルズ カフェ/スペースにて開催する。

同社は、シトロエン、プジョー、DSのグループ3ブランドについて、費用対効果の低さなどを理由に東京モーターショー2019には不参加、より直接コミュニケーションのとれる独自イベントを開催することを発表していた。今回開催するイベントは、テクノロジーに支配されるのではなく、感動に溢れたクルマ創りを続けていくプジョーブランドの想いを込めた新ブランドビジョン「アンボーリング・ザ・フューチャー(UNBORING THE FUTURE)」とともに、電動化を含めたプジョーの現在と未来を体験もらう場となる。

イベントでは、2020年第3四半期に国内導入を予定している新型『208』と電気自動車(EV)『e-208』、さらに新コンセプトMPV『リフター』を日本初公開する。そのほか、SUVモデル『5008』やフラッグシップサルーン『508』など現行車種を展示。さらに開催期間中は『308SW』『508』『3008』の各モデルの会場周辺での試乗も行う。

新型208は、3月のジュネーブモーターショー2019で世界初公開となった新コンパクトカー。プジョーの新デザイン言語と新コンパクトプラットフォーム「CMP」を採用し、最新のADAS(先進運転支援機能)と環境性能、走行性能を備える。インテリアは新世代UI/UXとなる3D i-コクピットを採用する。プジョー 208新型

e-208は、新型208の内燃機関(ガソリン/ディーゼル)版と同時に世界初公開となったフルEVコンパクトカー。モーターの最大出力136HP、最大トルク340Nm、バッテリー容量50kWhで、1回の充電で最大340km(WLTP)/450km(NEDC)走行できる。

リフターは、2018年欧州デビューの新コンセプトMPV。独特のSUVのようなスタイルと走行性能、利便性溢れるスペース、高い実用性からアウトドアアクティビティからビジネスにいたるまで幅広いシーンで活躍できる。また、EMP2プラットフォーム採用により、最新の安全装備と快適装備を実現。2020年夏に日本本格導入する。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集