BMW 4シリーズ 次期型? キドニーグリルが縦長に、3シリーズ と決別…フランクフルトモーターショー2019[写真追加]

過去の名車のデザインをフロントに反映

ロングノーズ+流れるルーフライン

最新のLED技術をテールランプに

BMWコンセプト4
  • BMWコンセプト4
  • BMWコンセプト4(フランクフルトモーターショー2019)
  • BMWコンセプト4
  • BMWコンセプト4
  • BMWコンセプト4
  • BMWコンセプト4
  • BMWコンセプト4
  • BMWコンセプト4

BMWは9月10日、ドイツで開幕したフランクフルトモーターショー2019(Frankfurt Motor Show)において、『コンセプト4』(BMW Concept 4)を初公開した。

コンセプト4は、次期『4シリーズクーペ』を示唆したコンセプトカーだ。BMWは、モデルレンジの呼称の一部見直しを行い、4シリーズクーペは先代『3シリーズクーペ』の後継車として、2013年6月に登場した。すでにデビューから6年以上が経過している。

過去の名車のデザインをフロントに反映

コンセプト4の特長は、大胆なフロントマスクだ。従来、4シリーズクーペのフロントマスクは、『3シリーズセダン』と大きな違いはなかった。次期型では、3シリーズセダンとデザインの面で決別し、4シリーズクーペの個性がいっそう追求される可能性が出てきた。

コンセプト4では、BMWのアイデンティティのキドニーグリルが、縦に大型化されている。縦長のグリルは、BMWのフロントマスクに、過去の輝かしい伝統を取り入れたものだ。その形状とデザインは、BMW 『328』やBMW 『3.0CSi』など、伝説的なクラシックモデルを参考にしており、BMWブランドのクーペの長い歴史と成功に、スポットライトを当てるものになるという。

このキドニーグリル内部には、複雑な格子パターンを採用する。グリルの下部のクリアプレートには、「コンセプト4」のロゴが配された。スリムなツインヘッドライトは、わずかに角度が付けられており、キドニーグリルとともに、コンセプト4のフロントエンドに力強さを表現する。LEDライトの素子には、ガラスカバーを使用していない。立体的な彫刻のようにライトユニットに組み込まれている。シャープな輪郭のボンネットは、豊かなボリュームと正確なエッジによって、フロントエンドのラインを拡張している。

ロングノーズ+流れるルーフライン

長いボンネットフード&ホイールベース、流れるルーフライン、短いオーバーハングは、モダンでエレガント、ダイナミックなクーペボディを作り出す。静止状態でも、強いエネルギーを発するようなデザインとした。ボディカラーの「Forbidden Red」は、ボディの表面に鮮やかさを演出している。

筋肉質なボディには、細長いガラスエリアが組み込まれており、ボディサイドにダイナミックさを表現する。ルーフラインは、トランクリッドにスムーズに流れ込む。リアフェンダーの膨らみは、コンセプト4が後輪駆動であることを伝えるものだ。

最新のLED技術をテールランプに

リアには、最新のLEDテクノロジーをテールランプに採用した。単一の光ファイバーで構成されており、これにより、BMW のLシェイプをガラスカバー無しで実現する。筋肉質のリアバンパーには、ディフューザーが付く。金属粒子を使用したハイグロスのブラック塗装仕上げは、視覚的なインパクトを与えるものだ。ツインエグゾーストが組み込まれている。

足元のアルミホイールは、21インチのスポーティな5スポークデザインだ。複雑なスポーク仕上げとなっており、表面はわずかに研磨されて、ダーク効果を生み出す。BMWによると、リムデザインに洗練されたコントラストを与えるものになるという。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • アウディ A5クーペ 改良新型、フランクフルトモーターショー2019で発表へ 画像 アウディ A5クーペ 改良新型、フランクフルトモーターショー2019で発表へ
  • 【メルセデスベンツ CLA 新型】対話型インフォテインメントシステム搭載 価格472万円より 画像 【メルセデスベンツ CLA 新型】対話型インフォテインメントシステム搭載 価格472万円より
  • BMW 2シリーズ に4ドア「グランクーペ」、プロトタイプの画像 11月発表へ 画像 BMW 2シリーズ に4ドア「グランクーペ」、プロトタイプの画像 11月発表へ
  • アウディ Q3 新型にクーペ派生、『Q3 スポーツバック』をフランクフルトモーターショー2019で発表へ 画像 アウディ Q3 新型にクーペ派生、『Q3 スポーツバック』をフランクフルトモーターショー2019で発表へ

特集