VWの新型EV『ID.3』、欧州先行受注が2万1000台突破…予約開始1か月で

フォルクスワーゲン ID.3 のプロトタイプ
  • フォルクスワーゲン ID.3 のプロトタイプ
  • フォルクスワーゲン ID.3 のプロトタイプ
  • フォルクスワーゲン ID.3 のプロトタイプ
  • フォルクスワーゲン ID.3 のプロトタイプ
  • フォルクスワーゲン ID.3 のプロトタイプ

フォルクスワーゲンは6月19日、欧州で開始した新型EVの『ID.3』(Volkswagen ID.3)の先行予約受注が、2万1000台を突破した、と発表した。

フォルクスワーゲンは5月上旬、ID.3の先行予約受注を欧州で開始した。まずは発売記念車の「1STスペシャルエディション」の先行予約を受け付けている。

先行予約専用の1STスペシャル エディションは、生産台数が3万台に限定される。5月上旬の受注開始からおよそ1か月で、予約は2万1000台を突破した。すでに限定台数3万台の7割以上が、予約で埋まったことになる。

ID.3シリーズでは、新しい燃費計測基準のWLTPモードにおいて、330~550kmの航続を実現する3種類のバッテリーが選択できる。1STスペシャル エディションは、その内、最も人気の高い仕様になることが予想されている航続420kmのミディアムサイズのバッテリーが搭載される。充電に関しては、出力125kWhの急速チャージャーを利用すると、30分以内にバッテリー容量の80%を充電できる。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集