【日産 デイズ 新型】星野専務「日産が設計、開発に挑み、日産が持つ先進技術を投入」

新型日産デイズ発表会(日産グローバル本社)
  • 新型日産デイズ発表会(日産グローバル本社)
  • 新型日産デイズ発表会(日産グローバル本社)
  • 新型日産デイズ発表会(日産グローバル本社)
  • 新型日産デイズ発表会(日産グローバル本社)
  • 新型日産デイズ発表会(日産グローバル本社)
  • 新型日産デイズ発表会(日産グローバル本社)
  • 日産自動車 星野朝子 専務執行役員
  • 新型日産デイズ発表会(日産グローバル本社)

日産自動車は3月28日、軽乗用車『デイズ』を全面改良し発売した。先代同様、三菱自動車との協業モデルとなるが、新型ではプロパイロットなど日産の持つ先進技術を搭載するため、日産がが自ら開発、設計に取り組んだ初の軽自動車となる。

日産の星野朝子専務執行役員は同日、横浜市内にある本社で開いた発表会の冒頭、「技術の日産が魂を込めて新型『デイズ』を開発した」と強調した。

さらに「軽自動車は、今では単に小さいから、小回りが利くから燃費が良いから、使い勝手が良い便利なクルマというだけの存在ではなくなった」としたうえで、「日本の新しい軽自動車に求められている価値は、一番安全で一番便利で最高に快適で、そして最もわくわくするクルマということ。これらを実現するために新型デイズは日産がいちから設計、開発に挑み、日産だけが持つ様々な先進技術を投入した」と述べた。

このため新型デイズではプラットフォームおよびパワートレインを刷新し、「日産インテリジェントモビリティの象徴である『プロパイロット』を搭載した。いよいよ軽自動車にも自動運転の時代が到来する」というわけだ。プロパイロットは、上級グレードに設定されており、非装着グレードとの差額は9万7200円となっている。なお、新型デイズの価格は127万3320~177万8760円となっている。

また交通事故や急病の際に専門のオペレーターとデータや音声のやりとりができる『SOSコール』を軽自動車で始めて搭載したのも特徴のひとつ。

全面改良にあたり三菱自動車との役割分担に関して星野専務は「今回は日産の先進技術を載せようというのが基本的なコンセプトだったので、開発と設計は日産が担当した。ただ軽自動車造りは三菱にノウハウがあるので三菱が造った方が良いだろうということで、三菱の水島製作所で造ることにした」と述べていた。

《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

  • 【日産 デイズ 新型】ファーストカーとして軽自動車ならではの充実ADAS機能 画像 【日産 デイズ 新型】ファーストカーとして軽自動車ならではの充実ADAS機能
  • 【日産 デイズ 新型】軽自動車に搭載、プロパイロットを試してみた 画像 【日産 デイズ 新型】軽自動車に搭載、プロパイロットを試してみた
  • ルノー キャプチャー 次期型には日産プロパイロット搭載!初のPHEVも 画像 ルノー キャプチャー 次期型には日産プロパイロット搭載!初のPHEVも
  • プロパイロット車20万台販売「すごい財産」…日産の自動運転“その先”は[オートモーティブワールド2019] 画像 プロパイロット車20万台販売「すごい財産」…日産の自動運転“その先”は[オートモーティブワールド2019]

特集