ジープ チェロキー 改良新型にオフロード仕様、「トレイルホーク」…ジュネーブモーターショー2019で発表予定

ジープ・チェロキー 改良新型のトレイルホーク
  • ジープ・チェロキー 改良新型のトレイルホーク
  • ジープ・チェロキー 改良新型のトレイルホーク
  • ジープ・チェロキー 改良新型のトレイルホーク
  • ジープ・チェロキー 改良新型のトレイルホーク
  • ジープ・チェロキー 改良新型のトレイルホーク
  • ジープ・チェロキー 改良新型のトレイルホーク
  • ジープ・チェロキー 改良新型のトレイルホーク
  • ジープ・チェロキー 改良新型のトレイルホーク

FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)傘下のジープブランドは2月25日、スイスで3月に開催されるジュネーブモーターショー2019において、改良新型『チェロキー』の「トレイルホーク」(Jeep Cherokee Trailhawk)を初公開すると発表した。

トレイルホークは、ジープブランドの高性能オフロード車に冠されるネーミングだ。すでに、『グランドチェロキー』『コンパス』『レネゲード』などに設定されている。改良新型チェロキーにも、このトレイルホークがラインナップされる。

外観は、フロントグリルやドアミラー、ボンネット、バンパーなどを専用のグレーで仕上げる。牽引フックには、赤いアクセントを施した。専用デザインのオフロードタイヤ&アルミホイールをはじめ、ボディ下部を保護するスキッドプレートも装着する。

悪路走破性も向上。最低地上高をおよそ25mm引き上げ、前後バンパーを専用デザインに変更。アプローチアングルやデパーチャーアングルを高めた。「Selec-Terrain」は、5つのモードが切り替えられる。このうち、ロックモードでは、オフロードで優れた走破性能を発揮する。

パワートレインには、2.0リットル直列4気筒ガソリンターボを設定する。最大出力は270hp、最大トルクは40.8kgmを引き出す。トランスミッションは、9速ATを組み合わせている。

ジープブランドの電動化の推進などを目的に、米国ミシガン州の複数の工場に総額4…

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集