ジープの電動化を推進へ…次期 グランドチェロキー や新型フルサイズSUVも計画

FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)は2月26日、ジープブランドの電動化の推進などを目的に、米国ミシガン州の複数の工場に総額45億ドル(約4975億円)を投資すると発表した。

ジープブランドは、2022年までの5か年の中期経営計画において、電動化の推進を重視。すでに、ジープは新型『ラングラー』にブランド初のマイルドハイブリッドを設定する。2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジン(最大出力270hp、最大トルク40.8kgm)に、マイルドハイブリッドの「eTorque」システムを搭載。アイドリングストップ、電動アシスト、バッテリー充電、回生ブレーキなどの機能を持つ。

ジープブランドの電動化の推進は、プラグインハイブッド車(PHV)を主役に位置付ける。2022年までにPHVを10車種、市場に投入。さらに、EVも4車種をリリースしていく。

FCAが今回発表した米国ミシガン州の複数工場に対する総額45億ドルの投資は、ジープブランドの電動化の推進などが目的。既存工場の改修や新工場の建設により、ジープブランドの新たなPHVの生産をはじめ、次世代『グランドチェロキー』や3列シートの新型フルサイズSUVを生産する計画だ。

ジュネーブモーターショー2019において、改良新型『チェロキー』の「トレイルホーク」(Jeep Cherokee Trailhawk)を初公開…

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース