もう30年、ホンダ/アキュラ NSX のプロトタイプは NS-X…覚えてます?[詳細画像]

NS-X(ニュルブルクリンク)
  • NS-X(ニュルブルクリンク)
  • NS-X(ニュルブルクリンク)
  • NS-X(ニュルブルクリンク)
  • NS-X(ニュルブルクリンク)
  • NS-X(ニュルブルクリンク)
  • NS-X
  • NS-X
  • NS-X

ホンダのミッドシップスポーツカー、『NSX』の先行プロトタイプが公表されてから2019年で30年となる。1989年2月、プロトタイプ『NS-X』がアキュラからシカゴモーターショー1989で発表された。日本では同年10月の東京モーターショー1989に、ホンダNS-Xとして出展された。

そして1990年に、量産車として世界初のオールアルミ・モノコックボディを採用した、本格的ミッドシップ・スポーツカー『NSX』として発売された。日本ではホンダブランドで、北米・欧州ではアキュラブランドで販売された。生産は2005年12月末をもって終了、約15年間で世界累計1万8000台以上が販売された。

2代目で現行のNSXは、2015年1月にデトロイトモーターショー2015で世界初披露、5月に北米で量産第一号車が納車された。日本市場では2016年に発表して受注を開始、2017年2月に販売を開始した。

ここでは1989年のプロトタイプ、NS-Xを紹介しよう。

《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集