世界最速のシューティングブレーク、市販プロトタイプを激写…価格は1億円超か

アストンマーティン ヴァンキッシュ ザガート シューティングブレーク 市販型スクープ写真 
  • アストンマーティン ヴァンキッシュ ザガート シューティングブレーク 市販型スクープ写真 
  • アストンマーティン ヴァンキッシュ ザガート シューティングブレーク 市販型スクープ写真 
  • アストンマーティン ヴァンキッシュ ザガート シューティングブレーク 市販型スクープ写真 
  • アストンマーティン ヴァンキッシュ ザガート シューティングブレーク 市販型スクープ写真 
  • アストンマーティン ヴァンキッシュ ザガート シューティングブレーク 市販型スクープ写真 
  • アストンマーティン ヴァンキッシュ ザガート シューティングブレーク 市販型スクープ写真 
  • アストンマーティン ヴァンキッシュ ザガート シューティングブレーク 市販型スクープ写真 
  • アストンマーティン ヴァンキッシュ ザガート シューティングブレーク 市販型スクープ写真 

アストンマーティンが、2017年秋にTwitterで公開した『ヴァンキッシュ・ザガート・シューティングブレーク』市販型を、スクープサイトSpyder7のカメラが初めて捉えた。

同モデルは、長きにわたるザガートとコラボレーションで誕生する4種のシリーズのうちの1台だ。このほか、「ザガート・クーペ」「ザガート・ヴォランテ」「ザガート・スピードスター」が名を連ねる。

ガスステーションで給油中を捉えた開発車両は、ほぼフルヌード状態。フロントマスクは、ザガートシリーズ共通のデザインだ。ルーフは未完成のようでコンセプトモデルのようなカーボン製かは不明だ。しかし、ザガートらしいダブルバブルルーフ・デザインが見てとれる。

リアエンドでは、特徴的なテールライトはそのままに、左右2本出しエキゾーストパイプや電動式テールゲートがリデザインされている。

パワートレインは、5.9リットルV型12気筒NAエンジンを搭載。最高出力は600psと予想されており、世界最速のシューティングブレーク誕生となりそうだ。このザガート4種は合計325台が販売される。うちシューティングブレークは99台の限定で、2018年11月に完売と伝えられている。価格は65万ポンド(約9200万円)から75万ポンド(1億500万円)と予測されている。

◆話題の新型車を最速スクープ『Spyder7』
http://spyder7.com/

《子俣有司@Spyder7》

編集部おすすめのニュース

  • 三菱 パジェロスポーツ、日本導入なるか…改良新型テスト車両をスクープ 画像 三菱 パジェロスポーツ、日本導入なるか…改良新型テスト車両をスクープ
  • 雪煙に新テールライト光る…アウディ SQ7 改良新型、デビューは今秋か 画像 雪煙に新テールライト光る…アウディ SQ7 改良新型、デビューは今秋か
  • 430馬力発揮か…ポルシェ 718ボクスター、初のスパイダー最新プロトタイプを激写 画像 430馬力発揮か…ポルシェ 718ボクスター、初のスパイダー最新プロトタイプを激写
  • プジョー 208 新型、508 風フロントマスクに変身…航続400kmのEVも設定へ 画像 プジョー 208 新型、508 風フロントマスクに変身…航続400kmのEVも設定へ

特集