BMW 8シリーズクーペ 新型、日本法人社長「2019年にはカブリオレとグランクーペが続く」

BMW M850i xDrive
  • BMW M850i xDrive
  • BMW 8シリーズ・カブリオレ新型
  • BWM 8シリーズ・グランクーペのスクープ写真
  • ビー・エム・ダブリューのペーター・クロンシュナーブル社長

ビー・エム・ダブリューは11月9日、約20年ぶりに8シリーズクーペの販売を開始した。今回発売したのは4リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載する『M850i xDrive』を発売した。価格は1714万円。

ビー・エム・ダブリューのペーター・クロンシュナーブル社長は同日開いた発表会で、2019年に8シリーズのカブリオレモデルおよび4ドアクーペモデルも追加導入することを明らかにした。

クロンシュナーブル社長は「新型8シリーズクーペはラグジュアリークラスにおけるモデルライン拡張の幕開け的存在」とした上で、「来年には8シリーズのカブリオレとグランクーペが続き、さらにこれらすべてのモデルにMモデルを用意する」と述べた。

また「8シリーズのお客様の期待は多大なるもの。私たちにとって、そのことは極めて特別で上質なカスタマイズオプションを揃える必要性の高さを実感させている。そして来年以降、BMWインディビジュアルを提供する」ことも明かした。

さらに「新しいオンラインプラットフォーム、BMWプレオーダーをスタートさせる」ことも披露。「これはまだ正式には販売されていないモデルのために創設され、ラグジュアリーセグメントの全く新しいモデルをいち早くお届けすることを可能にする。来年の中頃に発売される新型『X7』を、お客様は今すぐオンラインで予約することが可能になった。予約したお客様には最初の生産枠の1台が確保される」とのことだ。

【BMW 8シリーズクーペ 新型】20年ぶりの復活、日本市場投入…1714万円[詳細画像]

《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

特集