ヤマハ ナイケン に「GT」、3輪ロングツアラーが登場…EICMA 2018

ヤマハ NIKEN GT
  • ヤマハ NIKEN GT
  • ヤマハ NIKEN GT
  • ヤマハ NIKEN GT
  • ヤマハ NIKEN GT
  • ヤマハ NIKEN GT
  • ヤマハ NIKEN GT
  • ヤマハ NIKEN GT
  • ヤマハ NIKEN GT

ヤマハ(Yamaha)は11月6日、イタリアで開幕した「ミラノモーターサイクルショー2018」(EICMA 2018)において、『ナイケンGT』をワールドプレミアした。

ヤマハは2018年、大型スポーツモデルの『ナイケン』を発売した。ナイケンの最大の特徴は、「LMW」(Leaning Multi Wheel)にある。LMWはモーターサイクルのようにリーン(傾斜)して旋回する3輪以上の車両の総称だ。ヤマハはLMWテクノロジーを重視しており、市販モデルにLMWを積極採用している。

EICMA 2018でワールドプレミアされたナイケンGTは、ナイケンをベースに、サイドケースやヒートグリップなどの各種装備を搭載し、ロングツーリング時の快適性をいっそう高めたのが特徴だ。フロントスクリーンは大型化されており、ライダーに当たる風を緩和する。シートも快適性を高めた専用デザインとした。

また、サイドケースは片側で25リットルの容量を持つ軽量コンパクト設計とした。ヒートグリップは寒冷な気象条件でライダーの快適性を引き上げ、グリップの温度をメーターディスプレイに表示する。電気機器を充電するための12ボルトの電源ソケットも装備した。駐車やチェーンのメンテナンス、タイヤチェックに役立つセンタースタンドも装備している。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集