ドゥカティが ディアベル1260 新型を発表、大型クルーザーが2世代目に…EICMA 2018[写真追加]

ドゥカティ・ディアベル1260新型とクラウディオ・ドメニカーリCEO(EICMA 2018)
  • ドゥカティ・ディアベル1260新型とクラウディオ・ドメニカーリCEO(EICMA 2018)
  • ドゥカティ・ディアベル1260S新型
  • ドゥカティ・ディアベル1260S新型
  • ドゥカティ・ディアベル1260S新型
  • ドゥカティ・ディアベル1260S新型
  • ドゥカティ・ディアベル1260S新型
  • ドゥカティ・ディアベル1260S新型
  • ドゥカティ・ディアベル1260S新型

ドゥカティは11月6日、イタリアで開幕した「ミラノモーターサイクルショー2018」(EICMA 2018)において、新型『ディアベル1260』(Ducati Diavel 1260)をワールドプレミアした。

新型ディアベル1260は、2011年に発売された初代『ディアベル』に続く2世代目モデルとなる。ディアベルはクルーザータイプの大型二輪車で、排気量1198ccの水冷L型2気筒ガソリンエンジン(最大出力152hp/9000rpm、最大トルク12.5kgm/8000rpm)を搭載する。

新型ディアベル1260は、「テスタストレッタDVT」と呼ばれる1262ccエンジンに排気量を拡大した。最大出力は159hp/9500rpm、最大トルクは13.2kgm/7500rpmを引き出す。ドゥカティによると、この新エンジンは日常走行とツーリングの両方において、力強い加速と低回転域での滑らかさを両立しているという。シャシーのセットアップは変更された。リアには17インチで240mmのワイドタイヤを装着する。ボッシュ製のコーナリングABSも装備されている。

新型ディアベル1260には、スポーティな「S」バージョンとして、『ディアベル1260S』を設定する。調整可能なオーリンズ製サスペンション、専用ホイール、高性能ブレーキシステムが特徴となる。クラッチレスシフトを可能にする「クイックシフトアップ&ダウンエボ」を標準装備している。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • カワサキ Ninja ZX-6R 2019年モデル、12月1日発売決定 132万8400円 画像 カワサキ Ninja ZX-6R 2019年モデル、12月1日発売決定 132万8400円
  • スズキ、新型 カタナ をケルンで発表 2019年春、欧州から発売 画像 スズキ、新型 カタナ をケルンで発表 2019年春、欧州から発売
  • 「いつかはGS」ファン待望のBMWアドベンチャー、『R1250GS』5年ぶり新型…インターモト2018 画像 「いつかはGS」ファン待望のBMWアドベンチャー、『R1250GS』5年ぶり新型…インターモト2018
  • ヤマハ発動機、300ccエンジン搭載のLMWプロトタイプを出展へ…EICMA 2018 画像 ヤマハ発動機、300ccエンジン搭載のLMWプロトタイプを出展へ…EICMA 2018

特集