冒険心をかき立てる低速モビリティコンセプト、ヤマハ YNF-01…福祉機器展2018に出展へ

自動車 ニューモデル モビリティ
ヤマハの低速モビリティコンセプトモデル「YNF-01」
  • ヤマハの低速モビリティコンセプトモデル「YNF-01」
  • ヤマハの低速モビリティコンセプトモデル「YNF-01」
ヤマハ発動機は、乗る者の冒険心をかき立てるデザインと走破性を両立した新しい低速モビリティのコンセプトモデル『YNF(Yamaha Next Field)-01』を、10月10~12日に東京ビッグサイトで開催される「第45回 国際福祉機器展 H.C.R.2018」に出展する。

YNF-01には、ROV(Recreational Off-highway Vehicle)やATV(四輪バギー)などの事業で培った技術やノウハウを凝縮。さまざまな路面を走破できる大径タイヤと4輪独立サスペンションを採用し、コンパクトでありながら頑丈な足回り設計とした。また、乗る者をしなやかに包み込むフレーム設計にすることで「ホールド感」と「解放感」を共存させている。

デザイン面では、オフロードテイストのスタイリングと質感を感じさせるマテリアルやカラーリングが特徴。乗る者の「行きたい場所には全て行き、やりたいことは全てやる」という意欲をかき立てることで、外の世界へと誘うデザインとしている。
《丹羽圭@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集