日産 GT-R byイタルデザイン、ヒルクライムに出走へ…グッドウッド2018

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント
日産 GT-R 50 by イタルデザイン
  • 日産 GT-R 50 by イタルデザイン
  • 日産 GT-R 50 by イタルデザイン
  • Nissan GT-R50 by Italdesign
  • Nissan GT-R50 by Italdesign
  • Nissan GT-R50 by Italdesign
日産自動車の欧州部門は7月10日、英国で7月12日に開幕する「グッドウッドフェスティバルオブスピード2018」のヒルクライムに、『GT-R 50 byイタルデザイン』が出走すると発表した。

同車は『GT-R』をベースに、GT-R(『スカイラインGT-R』)のデビュー50周年を記念するモデルとして、日産とイタルデザインが共同開発。プロトタイプをベースにした市販車を、50台を上限に生産する計画を掲げる。

開発と設計、製造はイタルデザインが、専用の内外装は日産が担当。3.8リッターV型6気筒ガソリンツインターボエンジンは、最大出力720ps、最大トルク79.5kgmまで引き上げられる計画。

このGT-R 50 byイタルデザインが、グッドウッドフェスティバルオブスピードの恒例行事、ヒルクライムに出走する予定。同ヒルクライムは、スーパーカーを含めた市販車だけでなく、F1やWRC(世界ラリー選手権)マシンなどが、およそ1.9kmのコースを一気に駆け上がり、観客を沸かせる。

なお、ドライバーには、日産のファククトリーGT3ドライバー、ルーカス・オルドネス選手とアレックス・バンコム選手を起用する、としている。

実は、初代NA系ロードスター乗りから広く知られているキスモ。マツダのユーノスロー…
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集