ペダル踏み間違えで発生した死亡事故、高齢の被告に実刑判決

昨年12月に埼玉県さいたま市浦和区内でペダル踏み間違え事故を起こし、路肩を歩いていた15歳の女子高校生を死亡させたとして、過失致死の罪に問われた81歳の男に対する判決公判が16日、さいたま地裁で開かれた。裁判所は禁錮1年6か月の実刑を命じている。

自動車 社会 社会
昨年12月に埼玉県さいたま市浦和区内でペダル踏み間違え事故を起こし、路肩を歩いていた15歳の女子高校生を死亡させたとして、過失致死の罪に問われた81歳の男に対する判決公判が16日、さいたま地裁で開かれた。裁判所は禁錮1年6か月の実刑を命じている。

問題の事故は2015年12月23日の午後2時35分ごろ発生している。さいたま市浦和区東高砂町付近の市道(片側1車線の直線区間)を走行していた乗用車は信号待ち車列の最後部に位置していたクルマの側面に接触。回避しようと急ハンドルを切ったことで道路左側の路肩へ進入するとともに、前方を歩いていた15歳の女子高校生に衝突した。

運転していた同区内に在住する80歳(当時)の男は衝突後もブレーキと間違えてアクセルを踏み続けており、高校生はクルマと金属製ポールの間に体を挟まれて胸部などを強打したことが原因で死亡。警察は男を自動車運転死傷行為処罰法違反(過失傷害)の現行犯で逮捕し、検察は罪状を過失致死に切り替えて起訴している。

16日に開かれた判決公判で、さいたま地裁の古玉正紀裁判官は「被告は前方不注視の状態でクルマを走行させたうえ、ブレーキとアクセルを踏み間違え、クルマを急加速させたことが事故につながった」と指摘。被害者へ衝突した際の速度が20-25km/hということを認定した。

その上で裁判官は「事故によって亡くなった被害者の無念さ、事故によって遺族の受けた衝撃は察するにあまりある。被告は高齢であるが、過失によって人命が失われた結果は重く、その行為に対する責任からも刑の執行を猶予することが相当とは言えない」として、被告に対して禁錮1年6か月の実刑判決を言い渡している。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

  • 道路突き当たりの民家に突っ込み炎上---ペダル踏み間違えか 画像 道路突き当たりの民家に突っ込み炎上---ペダル踏み間違えか
  • ペダル踏み間違えで歩行者2人をはねた高齢の男を逮捕 画像 ペダル踏み間違えで歩行者2人をはねた高齢の男を逮捕
  • 軽乗用車が病院の待合室まで進入、ペダル踏み間違えの可能性 画像 軽乗用車が病院の待合室まで進入、ペダル踏み間違えの可能性
  • ペダル踏み間違えコンビニへ突っ込む、客2人が重軽傷 画像 ペダル踏み間違えコンビニへ突っ込む、客2人が重軽傷

特集