VWの栄光は雲の上に…歴代新記録でパイクスピーク・ヒルクライム優勝[フォトレポート]

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
6月24日
  • 6月24日
  • 6月24日
  • 6月24日
  • 6月24日
  • 6月24日
  • 6月24日
  • 6月24日
  • ブラクティス
6月24日、米コロラド州で開催されたインターナショナル・パイクスピーク・ヒルクライムで、ロマン・デュマ操るフォルクスワーゲン(VW)の電動レーシングカー『I.D. Rパイクスピーク』が、7分57秒148の歴代新記録で優勝した。

パイクスピークは全長19.99km、コーナー数156、標高差1440mを駆け上がるヒルクライムレースだ。スタート地点の標高は2862m、ゴールは4302mで、日本の富士山山頂より高い。従来の記録は2013年にセバスチャン・ローブがプジョーで記録した8分13秒878で、デュマとVWはこれを16秒以上縮め、8分を切った。

I.D. Rパイクスピークは、VWのフル電動車「I.D.」ファミリーにおけるスポーティな象徴。1100kgに満たない車重を、500kW(約680PS)モーターで疾走させる。

《高木啓》

特集