トヨタ、欧州で電動車によるカーシェアリングプログラムを拡大

エコカー ハイブリッド

トヨタのカーシェアプログラムに使用されるヤリス(ヴィッツ)ハイブリッド
  • トヨタのカーシェアプログラムに使用されるヤリス(ヴィッツ)ハイブリッド
トヨタ自動車の欧州部門、トヨタモーターヨーロッパは6月13日、ハイブリッド車とプラグインハイブリッド車(PHV)によるカーシェアリングプログラムを拡大すると発表した。

トヨタモーターヨーロッパは2016年12月、欧州の2都市でハイブリッド車によるカーシェアリングプログラムを開始。このプログラムは、「YUKO with Toyota」と命名された。日本語の「行こう」を意味する。

トヨタモーターヨーロッパは今回、YUKO with Toyotaの拡大を発表。イタリアのヴェネツィアにおいて、ハイブリッド車とPHVによるカーシェアリングプログラムを行う。

YUKO with Toyotaでは、わずか数分でオンライン登録。スマートフォンをはじめ、タブレット端末、スマートウォッチに専用アプリをダウンロードする。カーシェアリングは、車両を駅で借り受けて返却することを基本に、専用の駐車スペースに車両を乗り捨てることも可能。ヴェネツィア市が発行している公共交通などのパスカード、「Venezia Unica」とも連携している。

なおヴェネツィアでは、カーシェアリング向けに49台の車両を用意。トヨタモーターヨーロッパは、『ヤリスハイブリッド』(日本名:『ヴィッツハイブリッド』)と『プリウスPHV』が中心、としている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集