ゴミ収集車を近くで見た…NEW環境展2018[詳細写真]

自動車 ニューモデル 新型車

モリタエコノス(NEW環境展2018)
  • モリタエコノス(NEW環境展2018)
  • モリタエコノス(NEW環境展2018)
  • モリタエコノス(NEW環境展2018)
  • モリタエコノス(NEW環境展2018)
  • モリタエコノス(NEW環境展2018)
  • モリタエコノス(NEW環境展2018)
  • モリタエコノス(NEW環境展2018)
  • モリタエコノス(NEW環境展2018)
日報ビジネスは22~25日の4日間の会期で、「NEW環境展」を東京ビッグサイトで開催する。テーマは「環境ビジネスの展開」。自動車関連では新明和工業、極東開発工業、モリタエコノス(順不同)の3社がごみ収集車を展開していたのが目立つ。

NEW環境展の背景は、企業の社会的責任が問われ、環境との共生を無視しては企業の存続は危ぶまれる時代になったこと。各種課題に対応する様々な環境技術・サービスを一堂に展示情報発信することにより、環境保全への啓発を行ない、人々の生活の安定と環境関連産業の発展をイベントの目的とする。

入場者数は、併催の地球温暖化防止展と合わせて16万人を見込む。入場料は1000円(税込)、両展示会に入場できる。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集