【東京モーターショー2017】アイシングループ、3つの重点開発領域…ブース展開

自動車 ニューモデル モーターショー

アイシン精機の伊原保守社長は、アイシングループを代表してスピーチを行い、同グループの重点開発領域をゼロエミッション、自動運転技術、コネクティッドカーの3つに定めた…とした。
  • アイシン精機の伊原保守社長は、アイシングループを代表してスピーチを行い、同グループの重点開発領域をゼロエミッション、自動運転技術、コネクティッドカーの3つに定めた…とした。
  • アイシングループ(東京モーターショー2017)
  • アイシングループ(東京モーターショー2017)
  • アイシングループ(東京モーターショー2017)
  • 1モーターハイブリッドトランスミッション
  • eAxle(イーアクスル)
  • パーソナルモビリティ「ILY-Ai」
アイシングループ6社(アイシン精機、アイシン高丘、アイシン化工、アイシン・エィ・ダブリュ、アイシン・エーアイ、アドヴィックス)は東京モーターショーの会場に共同出展している。26日に行われたプレスカンファレンスではグループを代表し、アイシン精機のアイシン精機の伊原保守社長がスピーチを行い、「アイシングループとしての重点開発領域をゼロエミッション、自動運転技術、コネクティッドカーの3つに定めた」と語っている。

ゼロエミッション技術として開発を進めているのは、高トルクを必要とする商用車やSUVとの相性がよい「1モーターハイブリッドトランスミッション」と、現行の『プリウス』にも採用された電子式4WDユニットを高出力化してプレミアムSUVへの搭載を視野に入れた「eAxle(イーアクスル)」で、これは同社ブースの中央、目立つ位置に展示されていた。

自動運転については、車両自体の制御に加え、専用駐車場でインフラとの協調を行って完全自動で行う「自動バレー駐車」を2020年までの実用化を目指して開発を進めるほか、ビッグデータと位置情報活用サービスを活用したコネクティッドカーによる快適な車内空間の提供を目指すという。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集