アイシングループ、体験型コンセプトカーを初公開へ…CES 2019

体験型コンセプトカー「i-mobility TYPE-C」自動運転オーナーカー
  • 体験型コンセプトカー「i-mobility TYPE-C」自動運転オーナーカー
  • 体験型コンセプトカー「i-mobility TYPE-C」自動運転リムジンカー
  • アイシングループのブースイメージ

アイシン精機は12月13日、アイシングループが1月8日から1月11日まで、米国・ラスベガスで開催される「CES 2019」に出展して、同社グループの描く未来と、それを実現する技術開発を紹介すると発表した。

今回、体験型コンセプトカー「i-mobility TYPE-C」を初公開する。「自動運転オーナーカー」と「自動運転リムジンカー」を、左右両面にそれぞれイメージし、多様化するモビリティー社会での様々なユーザーや乗車状況を想定した技術やサービスを提供するコンセプトモデル。

また、カーナビ技術をベースにした「物流支援システム」や、アクチュエーターからデータを収集して路面状態を推定する「アクチュエーター情報活用システム」、運転中のリスクを先読みし、防衛運転を促す「リスク先読み支援システム」など、コネクティッド関連の技術も展示する。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集