北海道の設定本数は200本割れ…JR冬の臨時列車

鉄道 企業動向

JR北海道の冬の臨時列車は減便が続く。写真は釧網本線のSL列車『SL冬の湿原号』(2013年2月)。
  • JR北海道の冬の臨時列車は減便が続く。写真は釧網本線のSL列車『SL冬の湿原号』(2013年2月)。
  • JR東海の新幹線の冬季運行本数は過去最多になる。
JR旅客6社は10月20日、12月1日から2018年2月28日までの90日間に運転する冬季臨時列車の概要を発表した。各社の概要は以下の通り。

●JR北海道

臨時列車の運転本数(道南・旭川方面の特急増発分を除く)は計194本。期間中、北海道新幹線で24本、在来線で170本が運転される。前年同期の当初発表(札幌~函館間の特急『スーパー北斗』『北斗』増発分を除く)との比較では88本の減少で、200本を割り込んだ。

東京~新函館北斗間を結ぶ新幹線『はやぶさ7・28号』と、これに接続する函館~新函館北斗間の在来線快速『はこだてライナー』が増発される。道南・旭川方面の特急列車の増発は別途案内される予定だ。

このほか、釧網本線でSL列車の快速『SL冬の湿原号』(釧路~標茶間)と、普通列車『流氷物語』(網走~知床斜里間)が運転される。

●JR東日本

期間中に新幹線3049本と在来線特急1395本の計4444本が運転される。対前年比は新幹線が120%、在来線が100%だが、定期列車をあわせた運行本数は前年同期とほぼ同じ101%になる。

東北新幹線は『はやぶさ』を中心に臨時列車を大幅に増発。北陸新幹線は週末を中心に臨時列車を運転する。上越新幹線では、スキー場と一体化したガーラ湯沢駅に直通する臨時列車が運転されるほか、E3系電車の改造車「現美新幹線」を使った臨時列車『とき451~456号』が越後湯沢~新潟間で運転される。

在来線では、各地のキャンペーンやイベントに合わせた臨時列車を運転。乗ること自体を楽しむ臨時列車も各地で運転される。また、年末年始を中心に首都圏と各地を結ぶ特急列車が増発される。

トロッコ風気動車「びゅうコースター風っこ」はストーブを搭載し、東北エリアの釜石線や陸羽東線、羽越本線などで運転される。引退間近の展望室付きカーペット車「NO.DO.KA」は新潟~酒田間と酒田~秋田間、新潟~弥彦間で運転。JR線のキハ58系気動車としては唯一の存在となった「Kenji」は、年末年始を中心に山田線の快速『ふるさと宮古』として運転される。

●JR東海

期間中、新幹線で3万2699本の列車を運転。冬季の運行本数としては過去最多だ。在来線では臨時特急・急行が計307本運転される。

新幹線は利用者が集中する平日朝夕や週末を中心に増発。1日平均では前年より5本多い363本を運転する。このうち年末年始の本数は1日平均で412本になる。東海道・山陽新幹線を直通する『のぞみ』は1日平均で116本運転する。

在来線特急は、松本・白馬方面に向かう『ワイドビューしなの』を前年より6本多い計38本運転。下呂・高山方面の『ワイドビューひだ』や熊野・紀伊勝浦方面の『ワイドビュー南紀』、甲府方面の『ふじかわ』も増発する。急行は名古屋発~高山行きと飛騨古川発~名古屋行きの『ぬくもり飛騨路号』を運転する。

●JR西日本

期間中、前年より243本多い2584本の臨時列車が運転される。山陽新幹線は342本増の1631本だが、北陸新幹線は107本減の593本。在来線特急は8本多い360本だ。年末年始期間(12月28日~2018年1月4日)に限ると、山陽新幹線は前年同期に比べ4本減で、北陸新幹線は前年同期と同じ。在来線特急は11本増える。

山陽新幹線では、九州新幹線直通の臨時『みずほ』を期間中に毎日2往復運転。『のぞみ』や『さくら』『ひかり』も年末年始や三連休、週末を中心に増発する。北陸新幹線は東京~金沢間を直通する『かがやき』『はくたか』が増発される。

在来線特急は『サンダーバード』『きのさき』『しらさぎ』『くろしお』などが増発される。観光キャンペーン「幕末維新やまぐちデスティネーションキャンペーン」が行われる山口エリアでは、新型客車を導入したSL列車『やまぐち』や観光列車『○○のはなし』が引き続き運転される。

●JR四国

大みそかから元日にかけ、金刀比羅宮や薬王寺などへの初詣向け臨時列車が運転される。また、JR西日本の岡山~宇野・尾道間で運転されている観光列車『La Malle de Bois(ラ・マル・ド・ボァ)』が四国に乗り入れ、琴平駅まで運転される。

●JR九州

期間中、九州新幹線『みずほ』『さくら』『つばめ』を計551本増発。在来線特急も『かもめ』『みどり』『ハウステンボス』『ソニック』『にちりん』を計658本増発する。

●夜行列車

東京~出雲市間の寝台特急『サンライズ出雲』は、年末年始を中心に計6本増発。東京~高松間の寝台特急『サンライズ瀬戸』も年末年始を中心とした計5日間、東京発の定期列車が琴平駅まで延長運転を行う。

このほか、東京~大垣間の快速『ムーンライトながら』(185系10両)、新宿発~白馬行きの快速『ムーンライト信州81号』(189系6両)が運転される。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集