【フォーミュラE】メルセデスベンツ、参戦へ…DTMは撤退

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
メルセデスベンツモータースポーツ(イメージ)
  • メルセデスベンツモータースポーツ(イメージ)
メルセデスベンツは7月24日、2018年末をもってDTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)から撤退し、2019/2020年シーズンのフォーミュラEに参戦すると発表した。

今回の発表は、市販車のパワートレインの電動化が進む中で、最先端の電動技術で競うフォーミュラEの役割は大きいと、メルセデスが判断したため。また、競合するアウディとBMWも、フォーミュラEへの参戦を決めており、競合他社と足並みを揃える狙いもある。

メルセデスベンツは1988年のDTM開始以来、ドライバーズタイトルを10回、マニュファクチャラータイトルを6回獲得してきた。通算では、183レースを制すという輝かしい戦績を残している。

メルセデスベンツのJens Thiemer副社長は、「EQブランドの電動車両の投入を計画している。フォーミュラEへの参戦が、EVのパフォーマンスを示すための大きなステップになるだろう」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 【フォーミュラE】BMWが参戦 2018~2019年シーズンから 画像 【フォーミュラE】BMWが参戦 2018~2019年シーズンから
  • 【フォーミュラE】アウディ、2017/2018シーズンからワークス参戦移行 画像 【フォーミュラE】アウディ、2017/2018シーズンからワークス参戦移行
  • ミシュラン、完全自動運転車による「ロボレース」の公式タイヤパートナーに 画像 ミシュラン、完全自動運転車による「ロボレース」の公式タイヤパートナーに
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース