アウディとシェフラー、提携拡大…次世代フォーミュラE用パワートレインを共同開発

エコカー EV
提携を拡大し、次世代フォーミュラE用パワートレインを共同開発すると発表したアウディとシェフラー
  • 提携を拡大し、次世代フォーミュラE用パワートレインを共同開発すると発表したアウディとシェフラー
ドイツに本拠を置く自動車部品大手、シェフラーは6月27日、アウディとの提携を拡大し、次世代の「フォーミュラE」用パワートレインを共同開発すると発表した。

フォーミュラEは、世界最高峰のEVレース。FIA(国際自動車連盟)が認める国際選手権シリーズとして、2014年9月から開催されている。アウディは2014/2015年シーズンから、チームABTシェフラーをサポートする形で、フォーミュラEに参戦。2016/2017シーズンから、チームABTシェフラーとの関係をさらに強化し、ワークス体制での参戦に切り替えた。

今回の両社の提携拡大では、両社の技術協力を3年間延長し、2019/2020シーズンまでにすることが決定。このパートナーシップには、モーターやパワーエレクトロニクスなど、次世代フォーミュラE用パワートレインの共同開発が含まれる。

シェフラーは現在、スタータージェネレーターから48Vシステム、ホイールハブモーター、Eアクスルまで、パワートレイン全体を電動化させるための幅広い製品を展開。これらのノウハウを、次世代フォーミュラE用パワートレインの共同開発に生かしていく。

シェフラーのPeter Gutzmerチーフテクニカルオフィサーは、「市販車向け部品の開発と生産の両方で数十年、アウディと革新的に協力してきたように、両パートナーがこの共同開発に最善を尽くすと確信している」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集