メルセデスベンツ、全車に電動パワートレイン設定へ

自動車 ビジネス 企業動向
メルセデスベンツ C350 e
  • メルセデスベンツ C350 e
  • メルセデスベンツSクラスのS500プラグインハイブリッド
ドイツの高級車、メルセデスベンツ。近い将来、メルセデスベンツの全ラインナップに、電動パワートレイン搭載車が設定されることが分かった。

これは、メルセデスベンツを擁するドイツの自動車大手、ダイムラーが、ドイツで開催した新技術発表会「Tec Day」において明らかにしたもの。「すべてのメルセデスベンツ車に、電動パワートレインを用意する計画がある」と発表している。

メルセデスベンツは現在、プラグインハイブリッド車(PHV)のラインナップを強化中。すでに、『Cクラス』や『Sクラス』に、車名に「e」を冠したPHVを投入している。

メルセデスベンツは、この流れをさらに加速。2016年は、『GLCクーペ』と新型『Eクラス』に、PHVを追加設定。電動パワートレイン車を、8車種まで拡大する。

さらに2017年も、この流れを止めない。メルセデスベンツのハイブリッド車のラインナップを、13車種へ拡大していく。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集