カワサキ KLX250、ファイナルエディションを発売…デビュー当時のカラーリングを再現

モーターサイクル 新型車
カワサキ KLX250 ファイナルエディション
  • カワサキ KLX250 ファイナルエディション
  • カワサキ KLX250 ファイナルエディション
カワサキモータースジャパンは、デュアルパーパス『KLX250』のファイナルエディションを5月15日より発売する。

KLX250シリーズは、1993年にデビューしたデュアルパーパスのロングセラーモデル。パワフルな水冷DOHC単気筒エンジンとしなやかな足回りで、ビギナーからベテランまで気軽にオフロードを楽しめるモデルとして親しまれてきた。

ファイナルエディションは、デビュー当時のライムグリーンをモディファイした懐かしのカラーリング。タンクやフレーム、サイドスタンド、シートに特別カラーを、シュラウドとサイドカバーに特別グラフィックを採用した。またホイールリムとハンドルバーをブラック塗装としたほか、フロントフォークのアウターチューブにブラックアルマイト加工を採用した。主要諸元に変更はない。

価格は56万4840円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集