【東京モーターショー15】環境に優しく走りも楽しい、ヤマハの電動トレッキングバイク

自動車 ニューモデル モーターショー

ヤマハ参考出品車PED2(東京モーターショー15)
  • ヤマハ参考出品車PED2(東京モーターショー15)
  • ヤマハ参考出品車PED2(東京モーターショー15)
  • ヤマハ参考出品車PED2(東京モーターショー15)
  • ヤマハ参考出品車PED2(東京モーターショー15)
  • ヤマハ参考出品車PED2(東京モーターショー15)
電動バイクっていいな、そう思わせる参考出品車をヤマハブースで見つけた。EVのクリーン&サイレントを生かして、自然の中をトコトコ楽しむマウンテントレールギア『PED2』だ。

環境性能の高い電動バイクだから、森林の中を走るにはうってつけ。音も静かだから、鳥のさえずりや川のせせらぎも楽しめるだろう。

DCブラシレスモーターとリチウムイオンバッテリーからなるヤマハ・スマートパワー・モジュールは、フレームを兼ねるモノコック構造の新パワーユニット。フレームとパワーユニットを一体化したのも新しい発想だ。

ヤマハ担当者によると「電動ならではの特性に加え、既存のモーターサイクルファンにも違和感のない操作感と、パッションを感じる新感覚の走りを実現する」とのこと。

車体サイズは全長×全幅×全高=2,045mm×775mm×1,205mmとコンパクト。車両重量も100kg以下と軽く、ストロークの長い前後サスペンションや大径ホイール、アップハンドルなどを備え、オフロードでの走破性も高そうだ。

車両区分は原付二種クラスに相当する。
《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

特集