【スバル WRX S4 試乗】WRX STI の80%を手に入れられる2ペダルスポーツ…諸星陽一

試乗記 国産車
スバル WRX S4
  • スバル WRX S4
  • スバル WRX S4
  • スバル WRX S4
  • スバル WRX S4
  • スバル WRX S4
  • スバル WRX S4
  • スバル WRX S4
  • スバル WRX S4
スバルきってのハイパフォーマンスモデルである『WRX』シリーズの2ペダルバージョンが『S4』。

搭載されるエンジンは2リットルの直噴ターボで、最高出力はじつに300馬力を発生。これにスポーツリニアトロニックと呼ばれるチェーン式CVTが組み合わされる。300馬力、400Nmのエンジンと無段階変速との組み合わせは他車にはない個性的なフィーリングを実現してくれる。

アクセルペダルを踏み込むと同時に、力強い加速をはじめるWRX。エンジン回転数が上がってから速度が上がるさまはCVT然としているが、それはそれでひとつの味付け。MTほどではないが、普通のATよりはダイレクト感がある。そして、なによりシームレスな加速感がいい。まったくショックなく最高速まで加速していく特性は気持ちいいものだ。

それでも人間は普通のマニュアルシフトフィールも求める。それに対応するためWRX S4は6分割のマニュアルモードも備えている。

マイナーチェンジによって245/40R18タイヤがオプションで選べるようになったが、試乗車の「2.0 GT-S」はビルシュタインダンパーが装着され、そのタイヤの性能を余すところなく引き出している。乗り心地もそこなわれておらず、2ペダルのスポーツセダンらしい乗り味を実現していると言える。

WRX S4はWRX STIの性能を100%得ることは出来ないが、80%程度は手に入れることが可能だ。そして、かなり高いパフォーマンスを持った80%であることは間違いない。

■5つ星評価
パッケージング:★★★
インテリア/居住性:★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★

諸星陽一|モータージャーナリスト
自動車雑誌の編集部員を経て、23歳でフリーランスのジャーナリストとなる。20歳代後半からは、富士フレッシュマンレースなどに7年間参戦。サーキットでは写真撮影も行う、フォトジャーナリストとして活躍中。趣味は料理。
《諸星陽一》

編集部おすすめのニュース

  • 【スバル WRX S4 試乗】ハンドリング・足回りは文句なし、だがCVTは限界か…中村孝仁 画像 【スバル WRX S4 試乗】ハンドリング・足回りは文句なし、だがCVTは限界か…中村孝仁
  • 【スバル インプレッサ スポーツ ハイブリッド 試乗】軽快・スポーティ・ときどき省燃費、運動性能へのこだわりが光る…中村孝仁 画像 【スバル インプレッサ スポーツ ハイブリッド 試乗】軽快・スポーティ・ときどき省燃費、運動性能へのこだわりが光る…中村孝仁
  • 【スバル インプレッサ スポーツ ハイブリッド 発表】開発主査・高津益夫氏に聞く「スバルが考えるHVとは」 画像 【スバル インプレッサ スポーツ ハイブリッド 発表】開発主査・高津益夫氏に聞く「スバルが考えるHVとは」
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース