【ホンダ S660 試乗】ワインディングで味わうミッドシップスポーツの快感はホンモノ…青山尚暉

試乗記 国産車

ホンダ S660
  • ホンダ S660
  • ホンダ S660
  • ホンダ S660
  • ホンダ S660
  • ホンダ S660
  • ホンダ S660
  • ホンダ S660
  • S660
ホンダ『S660』を公道にて試乗、四国・高知のワインディングロードを駆け回る。

CVT仕様+700回転の7700回転がリミットのエンジンを回し、アクセルオフすればパシュッというブローオフバルブのリリーフ音が耳に届くスポーツサウンド、そしてセレクトスイッチを押すことでメーター が赤く光などの演出もゴキゲンなのだが、それよりもうれしく感動できることは山ほどある。

まず、男2人乗車で登り坂を駆け上ってもパワー不足などまず感じずに済むということだ。それはトルクフルなエンジン性能に加え、重量物のエンジンをキャビン後方に配置するミッドシップレイアウト、前後45:55の重量配分、1-5速をクロスさせた6MTのギヤリング(6速は巡行用100km/h=3000回転+)、フロント165/55R15、リヤ196/45R16サイズのADVAN「NEOVA」の装着がもたらす強力なトラクション性能の相乗効果によるものだろう。

そしてワインディングロードで見せた、ステアリングを切るとスッとインを向く回頭感の気持ち良さと、前後タイヤの接地感のつかみやすさ、そして無理のきく超絶な安定感をたたえたコントローラブルかつアンダーステアの出にくい(外側に膨らみにくい)フットワーク、抜群の旋回性能、さらに制動力&コントロール性に富むブレーキフィールである。それらの性能はスポーツカー初心者に寛容でありつつも、スポーツカーに慣れ親しんできた人をも思わずほほ笑ませる、納得満足のレベルにあると断言したい。

もちろん、スポーツカーを安全に楽しませてくれる車両安定装置のVSAに加えて備わる、旋回時にクルマを安定方向に制御するアジャイルハンドリングアシストの効果も大きいと思える。

残念ながらカタログには記載されていないが、「スッとノーズが入り」→「ピタッと路面に吸いつき」→「グッと踏ん張り」→「ガツンと立ち上がる」…という若き開発陣が誇らしく語る、コーナーの進入から脱出に至る一連の曲がる楽しさ、快感は、本当、ホンモノである。 S660は挙動のつかみやすさもあって、クルマと常時対話しながら走れる、信頼で結ばれた友達のような存在とも言えそうだ 。

そうそう、試乗途中、無念の雨に見舞われため、ロールトップを装着することになった。さすがに前後方向に3本のスチール製縦骨が装着された脱着式だから、マツダ『ロードスター』のように運転席から片手でパッタンと閉めることはできないが、停車して、ロールトップを装着する作業は難しくない。

その方法は、ボンネット内にあるユーティリティボックスにクルクル巻かれ収納されたロールトップを取り出し、ルーフ部分にあて、両サイドをレバーで固定し、フロントウインドー上端中央部をロックするだけ。

ロールトップ装着状態=クローズド状態で身長172cmのボクの場合、頭上方向にはホンダの フラッグシップサルーン、レジェンドの運転席同等の13cmのスペースがあるから十分だ。同乗した身長181cmの乗員だとギリギリだったが、頭がロールトップやロールバーに触りそう なら、シートのリクライニングを倒すことで解決可能だ。

そんなマイクロスポーツ、S660を200万円もする! 軽自動車と考えるのはまったく間違いだ 。200万円で本格スポーツカーを買える幸せ! と解釈するのが絶対に正しい。ADVAN最強のストリートタイヤ、NEOVAというハイパフォーマンスタイヤを採用し、見事に履きこなしているところからも、S660の本気度が分かろうというものだ。後にCVT仕様にも試乗したが、走りの楽しさ&気持ち良さで選ぶなら、迷うことなく6MT仕様だろう。

「夢中で日を過ごしておれば、いつかはわかる時が来る」とは土佐(現在の高知)の坂本竜馬 の言葉だが、誰もが夢中になれるS660に乗れば、MTの良さがいつか、どころではなく、その日に分かるというものだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★
ペットフレンドリー度:★


青山尚暉|モータージャーナリスト/ドックライフプロデューサー
自動車専門誌の編集者を経て、フリーのモータージャーナリストに。自動車専門誌をはじめ、 一般誌、ウェブサイト等に寄稿。自作測定器による1車30項目以上におよぶパッケージデータ は膨大。ペット(犬)、海外旅行関連の書籍、ウェブサイト、ペットとドライブ関連のテレビ 番組、イベントも手がけ、犬との自動車生活を提案するドッグライフプロデューサーの活動も行っている。
《青山尚暉》

編集部おすすめのニュース

特集