【トヨタ アクア X-URBAN 試乗】快適性も高めた手頃なエコカー…島崎七生人

試乗記 国産車

トヨタ アクア X-URBAN
  • トヨタ アクア X-URBAN
  • トヨタ アクア X-URBAN
  • トヨタ アクア X-URBAN
  • トヨタ アクア X-URBAN
  • トヨタ アクア X-URBAN
  • トヨタ アクア X-URBAN
  • トヨタ アクア X-URBAN
マイナーチェンジで追加された「X-URBAN」。ひとことでいえば、都会派クロスオーバーの意匠を纏った今風のモデル、ということになる。

標準車との20mmの車高の差は、運転席に座ると実感する。ほんの少しだが視界が広がったと感じ、標準の『アクア』より、乗り降りも幾分かスムースだ。もちろん専用のサイドスカートを蹴飛ばしそうになる不都合もまったくなかった。11色のボディ色と専用パーツ色の組み合わせは全33通りというから楽しげだ。

インテリアでは、助手席前から中央の空調吹き出し口にかけてのインパネ部分に革シボの施されたソフトパッドが貼り込まれ、触ると上質な感触。シート表皮も爽やかな触感のファブリックと合皮のコンビで、ひとクラス上の使い心地といっていい。

ドライバビリティは、乗り味がよりシットリとしているのがわかる。走行中の振動やノイズも初期モデルに較べ、より低められた印象。

ハイブリッドシステムによる走りは、相変わらず手際よく、小気味いい。カタログ燃費(JC08モード燃費33.8km/リットル)はひとつの象徴としても、現実問題として日常的に“20数km/リットル”の使い方は可能。だとしたら、手頃なエコカーとしての資質の高さは、相変わらず認められる。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。
《島崎七生人》

編集部おすすめのニュース

特集