ヤマハ PAS 2015年モデル…大容量12.8Ahリチウムイオン電池搭載で走行距離アップ

モーターサイクル 新型車

PASナチュラXLスーパーの2015年モデル
  • PASナチュラXLスーパーの2015年モデル
  • PASナチュラXLスーパーの2015年モデル
  • PAS CITY-S8の2015年モデル
  • PAS CITY-S8の2015年モデル
ヤマハ発動は、大容量12.8Ahリチウムイオンバッテリーを搭載した長距離走行向け電動アシスト自転車『PAS』の2015年モデル2機種を3月10日から発売する。

今回発売するのはアシストレベルがPASシリーズ最上位で登坂走行性の高いモデル「PASナチュラXLスーパー」と、内装8段変速を搭載し、状況に応じたきめ細かいギア選択が可能な通勤・通学用27型モデル「PAS CITY-S8」。

2015年モデルでは、容積を約16%削減し、重量を約20%軽量化した次世代ドライブユニットを搭載する。アシスト走行モード「オートエコモード・プラス」選択時のアシスト走行可能距離を、「PASナチュラXLスーパー」は約24%、「PAS CITY-S8」は約28%それぞれ伸ばした。

また「PASナチュラXLスーパー」は、フレームの最低地上高を低く設計変更し、乗り降りしやすさを向上した。新デザインの24リットルの大容量フロントバスケットを採用する。

販売目標は年間8500台。価格は「PASナチュラXLスーパー」が14万0400円、「PAS CITY-S8」が14万4720円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集