【東京オートサロン15】スバル レガシィ B4、「BLITZEN」復活は反響次第!?

自動車 ニューモデル モーターショー

スバル レガシィ B4 BLITZEN コンセプト
  • スバル レガシィ B4 BLITZEN コンセプト
  • スバル レガシィ B4 BLITZEN コンセプト
  • スバル レガシィ B4 BLITZEN コンセプト
  • スバル レガシィ B4 BLITZEN コンセプト
  • スバル レガシィ B4 BLITZEN コンセプト
  • スバル レガシィ B4 BLITZEN コンセプト
  • スバル レガシィ B4 BLITZEN コンセプト
  • スバル レガシィ B4 BLITZEN コンセプト
9日に開幕した東京オートサロン2015。スバルは、真っ赤なボディカラーの『レガシィ B4 BLITZEN コンセプト』を出展した。

開発を担当するスバル部品用品本部の高橋一哉主査は「歴代のBLITZENモデルをモチーフに、新型レガシィに合わせてスタイリングを作り込んでいったコンセプトモデルです。インテリアでも、カーブキルトを取り入れたレザーシートなど、今までのレガシィにないような上質な仕上がりを目指しています」と、同モデルの特徴を話す。

「BLITZEN」は、機能美の追求をテーマに、富士重工業とポルシェ・デザイン社の共同開発により1999年に登場したモデル。以降、スバル独自にモデルを進化させ、4代目レガシィまで設定がされた。

新型レガシィに「BLITZEN」を提案する狙いについて、高橋氏「6代目レガシィはボディが大型化され、このクラスのセダンになると、輸入車もライバルとなってきます。全体としておおらかな印象の新型レガシィに、スポーティな方向のテイストを加えることで、輸入車の購入を検討する層に向けて、新たなポジショニングを獲得できないかと、考えました」と話した。

市販予定について、高橋氏「今のところデザインコンセプトというカタチで、私達からの提案となります」と、市販化については反響次第となるようだ。
《》

編集部おすすめのニュース

特集