【ルマン24時間 2014】アウディ、5年連続で総合優勝…栄光の軌跡[動画]

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
アウディの2014年ルマン24時間耐久レース
  • アウディの2014年ルマン24時間耐久レース
  • ルマン24時間耐久レース 2014
トヨタ、アウディ、ポルシェのワークス三つ巴決戦となった2014年のルマン24時間耐久レース。激戦を制したアウディが、今年のルマンを総括する映像を公開している。

今年のルマンは、トヨタの『TS040 ハイブリッド』7号車の中嶋一貴が、予選でポールポジションを獲得。トヨタの初優勝が期待された。

しかし、トヨタTS040 ハイブリッドは、14時間トップを独走したものの、電気系のトラブルでリタイヤ。代わって、トップに浮上したのは、アウディ。

そしてレース開始から24時間。最初にチェッカーを受けたのは、アウディだった。6番手からスタートした2号車のアウディ『R18 e-トロン クワトロ』(マルセル・ファスラー/アンドレ・ロッテラー/ブノワ・トレルイエ組)が、379周で優勝を果たした。

アウディは6月26日、今年のルマンを総括する映像を、公式サイトを通じて配信。栄光の軌跡を振り返っている。


《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集