【スズキ Vストローム1000 ABS 新型】日本初導入、軽量アドベンチャーモデル[写真蔵]

モーターサイクル 新型車

スズキ Vストローム1000 ABS
  • スズキ Vストローム1000 ABS
  • スズキ Vストローム1000 ABS
  • スズキ Vストローム1000 ABS
  • スズキ Vストローム1000 ABS
  • スズキ Vストローム1000 ABS
  • スズキ Vストローム1000 ABS
  • スズキ Vストローム1000 ABS
  • スズキ Vストローム1000 ABS
スズキは新型アドベンチャー『Vストローム1000 ABS』を6月4日から日本国内で販売する。価格は140万4000円。日本正式導入は2002年の同モデル誕生以来初である。

ボディサイズは、全長2285×全幅865×全高1410mm。シート高は850mmだが、最大30mm減のローシートがオプションで用意されている。

搭載する1036cc水冷4サイクルV型2気筒DOHCエンジンは、最大出力100ps/8000rpm、最大トルク10.5kgm/4000rpmと海外モデルと同スペックとした。装備重量は228kgとアドベンチャーモデルの中では軽量な部類に入る。

カラーは赤、黒、白の全3色を設定。
《阿部哲也》

編集部おすすめのニュース

特集