【日産ミニバン3兄弟への10の質問】Q.2 走りの評価高いエルグランド、モデルチェンジでどう変わった?

自動車 ニューモデル 新型車

日産・エルグランド
  • 日産・エルグランド
  • 日本商品企画部の富岡保リージョナルプロダクトマネージャー
  • 日本商品企画室の島村盛幸氏
  • 日産・エルグランド
  • 日産・エルグランド
  • 日産・エルグランド
  • 日産・エルグランド
  • 日産・エルグランド
日産は2013年12月にベストセラーミニバン『セレナ』を、2014年1月には『エルグランド』をマイナーチェンジした。さらに2月13日のスーパーハイト(モアスペース)軽自動車『デイズ ルークス』発表で、出揃った「日産ミニバン3兄弟」。

デザインの刷新だけでなく、安全機能を充実させたセレナ、居住性の向上をはかったエルグランド。そして活況を呈するスーパーハイト市場に名乗りを上げた新型デイズ ルークスの戦略。日産ならではのミニバンにはどのような特性と魅力があるのか。各車のプランナー、デザイナーに「10の質問」を行った。


Q.2 走りの評価が高いエルグランドはモデルチェンジでどう変わったのか?
A.2 走りは継承しつつ、本物の高級車としての“格”を提供している


現行モデルにチェンジした際に、思い切った低床化やFFへの変更などを行い、走りの評価がさらに上がった『エルグランド』。しかし本当のこだわりは、目に見えない部分にあるのだという。

日本商品企画部の富岡保リージョナルプロダクトマネージャーは、「初代からずっと、常にお客様に“格”を提供していくことが、エルグランドのコンセプトのひとつです。今回特に注力した“格”とは、今までになかった“ミニバンで唯一、本物の高級車である”ということです」と語る。

その“本物の高級車”たる要素とは何なのか。それは、走っている時に高級でなければいけないということだった。停まっている時に広くて快適なのは、どんなミニバンでもやろうと思えばできる。しかし、走り出した瞬間にそれが本当の快適性なのか、見た目だけのものなのかがわかってしまう。「しかもエルグランドのお客様は、日本の中でも長距離を走ったり、長時間のドライブをするお客様が多く、年間走行距離も多いというデータがあります。ですので、とくに走行時の快適性が重要なのです」と日本商品企画室の島村盛幸氏。

そのため、エルグランドの燃料タンクは薄く平たくすることで省スペースと大容量を両立させている。これは、なるべく給油回数が少なく済むようにと配慮したためだ。また、外観と名称は変わるが北米と中国でも販売しているため、やはり長距離での走行性、快適性はマストと考えられている。

島村氏は「今回、現行モデルの走りは“本物の高級車”にふさわしいと高い評価をいただいているため、マイナーチェンジでもそれは踏襲しています。好評の理由としてはとくに、サスペンション構造のこだわりがあると思います。エルグランドのリヤサスペンションは、マルチリンクサスという複雑な構造のものなのですが、FR系やラグジュアリー系、SUVに使われるもので、ライバル車は使っていません。ですので、エルグランドは車線変更の時にスッとブレない挙動が得られますし、カーブでの安定性も高いのです」。

また、4輪のショックアブソーバーの中にリバウンドスプリングを入れて、路面からの入力に対して細かな対応ができるようになっているなど、高級車に負けないメカニズムが盛り込まれている。見えないところにもしっかり手をかける。それがエルグランドの走りの“格”を上げている所以だろう。
《まるも亜希子》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集