WCOTY パフォーマンスカー、第二次選考11台…ポルシェは 911 シリーズから2台

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)主催団体は、「2014ワールドパフォーマンスカーオブザイヤー」の第二次選考11台を発表した。

同賞はワールドカーオブザイヤーと同時に発表される賞で、2013年に発売されたスポーツモデルの中から、世界69名のジャーリストの投票によってベストな1台を選出するもの。年間生産台数は500台以上が条件だ。

2014ワールドパフォーマンスカーオブザイヤーの第二次選考モデル11台は以下の通り。

●アルファロメオ4C
●アウディRS6アバント
●BMW M6グランクーペ
●シボレー・コルベット
●フェラーリ458スペチアーレ
●フォード・フィエスタST
●ランボルギーニ・アヴェンタドール・ロードスター
●メルセデスベンツA45AMG/CLA45AMG
●ポルシェ・911GT3
●ポルシェ・911ターボ
●フォルクスワーゲン・ゴルフGTI

ポルシェからは新型『911GT3』、新型『911ターボ』と、新型『911』シリーズの自然吸気、ターボの両最高峰モデルが選出。イタリアのスーパーカーの両雄、フェラーリとランボルギーニも、『458スペチアーレ』と『アヴェンタドール・ロードスター』が第二次選考に駒を進めた。

一方、第一次選考の26台からは、英国の高級スポーツカーメーカー、アストンマーチンの『ラピードS』と『V12ヴァンテージS』の2台が脱落。GMの高級車ブランド、キャデラックの『CTS Vスポーツ』と『XTS Vスポーツ』も、この段階で消えている。

今後は、2014年3月のジュネーブモーターショーで3台に絞り込み、同年4月のニューヨークモーターショーの会場で、イヤーカーが発表される。過去の結果は、2006年がポルシェ『ケイマンS』、2007年がアウディ『RS4』、2008年がアウディ『R8』、2009年が日産『GT-R』、2010年がアウディ『R8V10』、2011年がフェラーリ『458イタリア』、2012年が新型ポルシェ『911』、2013年が新型ポルシェ『ボクスター』/『ケイマン』。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集