【スズキ ハスラー 試乗】ゆったりとした乗り心地、気持ち良い加速に満足感…会田肇

試乗記 国産車
ハスラーX・2WD
  • ハスラーX・2WD
  • Xターボ・4WDのエンジン
  • 4WD車に備わる「ヒルディセントコントロール」と「グリップコントロール」のスイッチ
  • 2WD車の運転席右側のスイッチ。シートヒーターのスイッチはここにある
  • 素材からして同色のアンダーガード
  • 一回り大きい165/60R15を全車に採用
  • レーダーブレーキサポートを標準装備(Aを除くCVT車)
  • メーター下の液晶パネルではアニメ風アイコンでわかりやすい表示を行う
その個性的なデザインから発売前から話題を呼んでいたスズキの新コンセプト軽乗用車『ハスラー』。『ワゴンR』をベースとしているとはいえ、試乗してみると長距離でも十分通用しそうな乗り心地の良さにクラスを超えたゆったり感を感じ取ることが出来た。

試乗したのは、Xターボ 4WDとX 2WDの2車種。当然、ターボ車の方がパワーは大きいわけだが、今回試乗してみると両者の差は思ったほどではない。おそらく、ターボ車でも4WDとしての車重が影響しているのだと思われる。裏返せば、ノンターボ車であっても十分なパワーを体感することができた、ということでもある。

今回は市街地だけの走行となったが、とにかく副変速機付きATを備えるスズキの軽乗用車は総じてエンジン回転が速度と一緒にリニアに上がっていく。エンジンの回転だけが先行するようなことがない。ハスラーの場合もそれは同じで、ノンターボ車でもあってもグイグイと気持ち良く速度が上がっていく。この気持ち良さは一度乗ったら止められない快適さがある。

一方のターボ車は、下からパワーが出ていることは分かるものの、回転が上がってからのパワー感はそれほどでもない。長時間高速走行すれば差が出てくる可能性はあるが、一般道では極端に差を感じるほどではなかった。ただ、車重が軽い2WD車でターボ付きだとまた印象は変わってくるかもしれない。

そして何よりも乗り心地がいい。試乗したコースは工事中の箇所が多く、凹凸を何度も乗り越えることになったが、それでもヤンワリとそれをこなしてくれる。第一カーラインアシスタントCEの高橋正志氏にその辺りを聞くと「ワゴンRに比べてサスペンションのストロークに余裕を持たせてある」のだという。

さらに一回り大きいタイヤ系も功を奏しているらしく、これは「少し前にラインナップされていた『Kei』にも通じる感覚」(高橋氏)なのだという。とくにハスラーの場合は、車高を高くしていることもあって、タイヤの張り出しを苦にする必要もない。車内空間の広さを少しも犠牲にすることなく、足回りに余裕を持たせることが出来たというわけだ。

また、見逃せないのがフロントバンパー下のカバーで、これは素材そのものが同色になっている。高橋氏によれば、「ここは何かとぶつけやすいところで、塗装で済ましているとぶつけた後で下地が出て見た目にも格好が悪い」ことから素材から同色にしたのだという。そんなところにまで、こだわりを持って誕生したハスラー。より気軽にカジュアルに乗りこなせる一台になりそうだ。
《会田肇》

編集部おすすめのニュース

特集